【名のないシシャ - 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

【名のないシシャ – 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

 

山田悠介というと文章が稚拙で物語の流れに整合性が取れてないなど、ネットでは散々非難されている作家だ。ぼくもその意見には首肯できるが、山田悠介の本はどれも物語の設定が面白い。物語の土台である決めごとや設定が面白いからこそ、惹かれて読んでしまうのだ。

山田悠介

 

名のないシシャの設定

人間の寿命を予知し、運命を変える力を持つ名無しの「シシャ」。シシャは成長しても永遠に子供のままで大人にならない。シシャには寿命を与える特別の力を持っている。しかし、3年間の寿命を与えてしまうと自分が消えてなくなってしまうのだ。シシャの心情と恋愛模様を描いた情操ミステリー。
なにやら、デスノートみたいな設定ですな。デスノートは人間の寿命を縮め、本書は人間の寿命を延ばすことができる。デスノートみたいな推理戦はないが、本書は読了後にある種の感動を得る事ができる。

 

自分の寿命を知りたいとは思わない

自身の寿命が分かれば死ぬまでにやりたい事をスケジュール立てして実行することができる。しかし、そこには○月○日に死ぬのだからもうどうにでもなれという、人生に対する諦めや虚無感に襲われるだろう。また、死の直前にはなにをしでかすか分からない。何をしてももう死ぬのだから…という気持ちに占められるだろう。

死が顕現することで絶望感に平伏し余生を無駄にしてしまう可能性もあるのだ。だからぼくは、シシャに会っても寿命は聞きたくない。

 

あくまでもデスノートの劣化版

本書はデスノートみたいに事細かにルール分けでもなく理戦も皆無である。ただただ、惰性で読了して心地よい気持ちになれる本だ。自分の寿命を他人に譲る瞬間に人間の愛情を垣間みることができる。本書に山田悠介特有のスリルやホラーを求めてはいけない。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

【まだ誰も解けていない 科学の未解決問題 – 竹内薫】科学者が挑む世紀の問題

過去、様々な科学者が挑んできたが解決できなかった未解決問題を収録した本書。これほどもまでに好

記事を読む

体内時計

【時間の分子生物学 – 粂和彦】体内時計(概日リズム)と睡眠時間の関係

この本は好奇心を満たしてくれた。誰にでも持っている体内時計と睡眠時間の関係を遺伝子レベルから

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

イニシエーション・ラブ

【イニシエーション・ラブ – 乾くるみ】最後から二行目に隠される衝撃の真実

2004年4月1日発行にも関わらず、最近どこの書店に行っても「イニシエーション・ラブ」をよく

記事を読む

平山夢明

【他人事 – 平山夢明】万人受けしない残虐と不条理に塗れた14編

人間の暗い部分、触れては行けない部分、人としてやってはいけない事が全て詰め込まれているこの作品。暴

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑