【イニシエーション・ラブ - 乾くるみ】最後から二行目に隠される衝撃の真実

【イニシエーション・ラブ – 乾くるみ】最後から二行目に隠される衝撃の真実

 

2004年4月1日発行にも関わらず、最近どこの書店に行っても「イニシエーション・ラブ」をよく目にする。何故、10年昔の本が今年になって発行部数100万部を達成したのか。それは、2014年3月に放送された「しゃべくり007」にてくりぃむしちゅーの有田が「最高傑作のミステリー」と視聴者に向けてお勧めたのが要因だ。

 

週刊文春 東西ミステリーベスト100って!?

正直、有田がどこまでミステリー小説に詳しいの定かではないしマスメディアの影響を受けるのは嫌だった。ぼくが「イニシエーション・ラブ」を手に取った理由は一点。2013年版の「週刊文春 東西ミステリーベスト100 」にランクインしていたからである。「週刊文春 東西ミステリー ベスト100 」は、下記に準ずる適任者によってベスト100が決められるので有田よりも信頼度は高い。国内ミステリー74位を獲得しているのだ。

  • 日本推理作家協会
  • 日本冒険小説会
  • 各大学のミステリ同好会
  • SRの会
  • 怪の会
  • 各界のミステリ通

ちなみに私はこの東西ミステリーベスト100を全て読んでやろうと企んでいる。その模様はこちら。

東西ミステリーベスト100制覇への道
ミステリーファンから愛され続けている文藝春秋の「東西ミステリーベスト100」。作家、書評家、書店員、大学のミステリ研などの方々が、現存する全てのミステリー小説の中からベスト100を選び出した。死ぬまで使えるミステリー小説の指南書。そう、これが死ぬまでに読みたいミステリー小説100だ!

 

恋愛系叙述トリックの決定版!

世の中には国内・海外合わせて優れた叙述トリックを用いた小説は山ほど存在する。ただし、どれも叙述トリックが使われた作品は殺人事件を題材にした推理小説がメインだ、人が殺され犯人を当てられないように作者が読者を騙しにかかるために叙述トリックを用いるのだ。

恋愛小説+叙述トリック は思いのほか斬新だった。最後から二行目を読むまでは単なる恋愛小説であり、ミステリー性は皆無であるが、叙述トリックが氷解した瞬間にこの小説はミステリー小説に変貌するのだ。

イニシエーション・ラブ

 

そもそも叙述トリックって何だっけ?

叙述トリックとは、作者が読者を騙すために仕掛けた誤認を導くトリック。読者の先入観やバイアスを巧みに操り、異なる解釈でもう一つの物語を作り出すトリックなのだ。これ以上詳しく、このトリックの説明をしてしまうとネタバレになりかねない。本書は叙述トリックの決定版と呼称するべき作品なので、読了して自ら体感するのが一番良い。

猫

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

ブログ

【武器としての書く技術 – イケダハヤト】ブロガーに捧ぐ心構えと文章力の指南書

本書はブロガーの基礎となる心構え、記事を書く文章力の指南書である。騙されたと思って、全てのブ

記事を読む

和食 料理

【甘い物は脳に悪い – 笠井奈津子】美味しいと感じる食べ物の栄養素とは

この著書を読むと食生活を改めようとする気概が生まれる。「美味しい物」と「体が欲している本質的

記事を読む

旅のラゴス

【旅のラゴス – 筒井康隆】生涯をかけて旅をする意味と目的とは

本の内容は、主人公が生涯をかけて世界中を旅して地元に帰ってくるだけの話。内容はあり来たりではある

記事を読む

フリークス 綾辻行人

【フリークス – 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

 面妖な表紙の子に誘われて本書を手にした。綾辻行人氏にしては珍しい幻想的なホラーとミステリー

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑