【フリークス - 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

【フリークス – 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

 

 面妖な表紙の子に誘われて本書を手にした。綾辻行人氏にしては珍しい幻想的なホラーとミステリーを融合させた作品。精神病棟を舞台に畸形で曰く付きな人たちが巻き起こすミステリー。畸形への畏怖と憧憬の描写が素晴らしい。そして三編に共通しているのが作中作だということ。

精神病棟ならではのトリック満載で雰囲気が出ている。奇怪な設定でどの作品も陰鬱で頽廃的だ。それでは、三編をさくっと紹介しましょう。

 

夢魔の手 三一三号室の患者

息子が過去に自身で書いた日記を見つけることから物語は始まる。発狂して混乱する母親の元へお見舞いついでに、日記の内容を確認する息子。息子の日記の中だけでもミステリーが完結しているのが面白い。短い短編だがラストの捻りが面白い。

 

四〇九号室の患者

交通事故に遭い最愛の夫を亡くした未亡人。自身も大怪我を負ってしまい、両足切断に顔面には醜い傷が残ってしまった。これはまさに畸形である。身体醜形障害ともいえる主人公は自分の姿を鏡で確認することすら大いに恐怖を感じている。ラストに向けて急速に展開される謎の解明。吸い込めれていく作品。

 

フリークス 五六四号室の患者

表題作あって表紙の子が主人公。この短編には畸形が5人も出てくる。この5人の中に存在する犯人をさがす推理。雰囲気は江戸川乱歩の芋虫のような絶望や頽廃感が漂っている。この作品の面白いところは、畸形が先天的ではなく人為により後天的に畸形にさせられたという話。この短編はホラー要素が強い。覚悟して読みなされ…。

  • 一つ目=サイクロプス
  • 鱗男=スケイル・フェイス
  • 傴僂=ハンプバック
  • 三本腕=スリー・アームド
  • 芋虫=キャタピラー

 

万人受けしない残虐と不条理に塗れた14編【他人事 – 平山夢明】
人間の暗い部分、触れては行けない部分、人としてやってはいけない事が全て詰め込まれているこの作品。暴力や残酷に太刀打ちできない「何もかも諦めた人」が本書の主人公である。






友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

パラドックス13

【パラドックス13 – 東野圭吾】13時13分13秒に突如人類が消えた…

ページを捲る手が止まらなかった。緊迫感の中で起きる思いがけない出来事の連続に圧倒された。貴志

記事を読む

【OUT – 桐野夏生】深夜の弁当工場で働く主婦たちの犯罪

[amazonjs asin="4062734486" locale="JP" title=

記事を読む

ブログ

【武器としての書く技術 – イケダハヤト】ブロガーに捧ぐ心構えと文章力の指南書

本書はブロガーの基礎となる心構え、記事を書く文章力の指南書である。騙されたと思って、全てのブ

記事を読む

サロン

【おとなの教養 – 池上彰】大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約

大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約されている。そしてこの教養から更に学びたい人たち

記事を読む

【まだ誰も解けていない 科学の未解決問題 – 竹内薫】科学者が挑む世紀の問題

過去、様々な科学者が挑んできたが解決できなかった未解決問題を収録した本書。これほどもまでに好

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑