「障害」と付く病名の多くを「症」に変えると日本精神神経学会が発表

「障害」と付く病名の多くを「症」に変えると日本精神神経学会が発表

 

日本精神神経学会が、精神疾患の病名について新しい指針を発表した。差別意識や患者の不快感の低減、症状が改善しないと思われることを配慮するために、「障害と付く病名の多くを症に変える」と発表。

読み書きが困難な学習障害を「学習症」、アルコール依存症を「アルコール使用障害」などに変更する方針だ。下記をご覧頂きたい、主要な精神疾患の名称が変更される。

精神疾患

 

病名を変えるだけでは根本的な解決になっていない

病名変更の意図する所は、差別意識や患者の不快感の低減だ。この目的を果たす為に病名を変えても何の解決にもならない。病名に纏わり付く不快感や差別者意識は、「症」に移行されるだけだ。いくら柔らかい呼称に変えたところで中身の病気は変わらないのであって、世間の見る目や当事者の意識が変わるはずはない。

ただ、この名称変更で一つメリットがある。性同一性障害やADHDなどの分かりにくい病名が、分かりやすい病名に変更されたことだ。「性別違和」などは病名から中身を推察することが容易になった。

 
 

障害に対する差別意識

精神疾患などの知的障害に対する差別意識については、知的障害者の知的能力が障害なのではなく、彼らのあり方を拒絶する社会に障害があるという見方が出来る。多様性を受付ない社会の排斥性、これこそが正常ではない差別意識が露呈したものではないか。単なる個人のあり方を社会が選別しているだけにすぎないのではなかろうか。

こういった意識があるからこそ、病名を変えれば意識が変わるという安直な考えに陥る。そうではなくて、彼らのあり方を受け入れる社会体制を築けばいい。

its-a-small-world

 

パラリンピックを注目させるにはどうすればよいのか考えてみた
パラリンピックとはご存知の通り、身体障害者や視覚障害者を対象としたオリンピックのこと。オリンピックと同じ年に開催されるが、何故これほどまでに注目されないのか、どうすれば注目されるのか考えてみた。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

秋葉原

秋葉原通り魔事件の犯人の弟が自殺、加害者が与える親族・知人への影響について

記憶に新しい2008年に起きた秋葉原連続通り魔事件。加害者の加藤はトラックで秋葉原の大通りに突っ込み

記事を読む

「日本人が知らない日本語」は日本語の勉強にも日本人にもためになる!

海外を長期旅行していると時々、日本語を勉強している外国の人と会う機会がある。日本語学校に通ったり、日

記事を読む

飽き性の人にはもれなく、揮発性メモリーが搭載されている

私は何事も一度はやってみたいとういう思考回路の持ち主で、まずは何も考えずに行動する方だ。世界一周、ク

記事を読む

25

25歳は人生の分岐点!転職と結婚について考えよう!

私は今現在25歳である。25歳といえば四捨五入すると30歳。日本人の寿命が約83歳なので人生の30%

記事を読む

言語

英語などの語学勉強をする前に知っておきたい言語相対論について

英語やスペイン語、中国語など世界には8,000を超える言語が存在すると言われている。その中でも日本人

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑