なぜGoogleはINGRESS(イングレス)を開発したのか。裏の目的を公開します!

なぜGoogleはINGRESS(イングレス)を開発したのか。裏の目的を公開します!

 

iOS版がリリースされたばかりで、人気急上昇中のゲーム【INGRESS(イングレス)】。ゲーム内容については下記記事を参考にして欲しい。

Googleが開発した世界規模の拡張現実ゲーム【INGRESS(イングレス)】これ間違いなく流行ります。

Googleが開発した世界規模の拡張現実ゲーム【INGRESS(イングレス)】間違いなく流行ります
AR(拡張現実)を使ったゲームなら過去にも色々あった。セカイカメラのARゲーム、ソーシャルよりだがFoursquare、現実世界の宝物を探すジオキャッシングなどなど。では、今回紹介するINGRESS(イングレス)は他のARゲームと何が違うのか。それは「ゲーム内容」と「Google Map」である。

2015-03-26_2210

 
 

なぜソーシャルゲーム業界へ参入?

今回は、なぜGoogleが自社開発でソーシャルゲーム業界に参入したのかを考えていきたい。今までのGoogleは、ソーシャルゲームのプラットフォームとして「Google Play」を提供していた。あくまでもプラットフォームであり、Google自身がゲームの開発をすることは稀であった。

そんなGoogleが突然ソーシャルゲームをリリースしたのは理由がある。

 

それは、、「情報収集」だ!

ご存知の通りINGRESS(イングレス)は、拡張現実ゲームで、Google Mapを中心にゲームが進展していく。ユーザーはGPS付きのスマートフォン片手にポイント目指して歩き、ポイントでアクションを起こすのだ。ユーザー自身でポイントを作成することだってできる、その際に必要なのは写真だ。

さて薄々感づいていると思うが、GoogleはINGRESS(イングレス)を通じてユーザーからの全ての情報を収集する。ユーザーの経路、移動速度、写真、WIFIスポット、地域のコミュニティタイムライン、、etc。

ユーザー側は、Googleの裏の目的に気づくはずもなく、スマホ片手に情報提供しているのだ。ゲームにハマればハマる程、自身の情報を提供をすることになる。

GoogleがこのタイミングでiOS版のリリースをしたのも、Android版で情報収集がうまくいったからだろう。でなければ、敵の陣営であるAppleのプラットフォームに乗っかるはずがない。

INGRESS

 
 

Googleはこの情報を元に何をしようとしているのか

世界で一番情報を蓄積している民間企業であるGoogle。このGoogleがゲームを開発してまで欲しかった情報。これらのユーザーから吸い上げた膨大な情報は解析され、Google Mapの精度向上や行動分析に使われる。最終的に何が出来上がるのかは、Googleにしか分からない。

膨大な情報をユーザーから嫌われる事なく、一気に吸い上げる手法を考えたGoogle。もうこれはさすがとしか言いようがない。そして私も、熱心に情報提供をしているユーザー側なのである。裏の目的を知っていても辞められないのが、このINGREE(イングレス)の怖いところだ。

Ingress

ちなみに下記は最近でたINGRESSの公式グッズ。死ぬほど欲しいなり…。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

Ingress

Googleが開発した世界規模の拡張現実ゲーム【INGRESS(イングレス)】間違いなく流行ります

AR(拡張現実)を使ったゲームなら過去にも色々あった。セカイカメラのARゲーム、ソーシャルよりだがF

記事を読む

クラウドファンディング

クラウドファンディングを成功させるには?してみて学んだ3つのこと

一ヶ月の間、クラウドファンディングで「世界一周 x ぬいぐるみ」というプロジェクトを行っていました。

記事を読む

ブログのネタに困らない?知識を取得しながらブログを書く方法!

つい先日、ブログを設立して1周年を迎えました。Wordpressを使ったサイト構築や本格的なブログを

記事を読む

シブカサ

傘の無料シェアリングサービス「シブカサ SHIBUKASA」

折りたたみ傘でさえ持ち運ぶのがめんどくさい。傘をうっかり忘れてしまうと新しい傘を買ってしまい、どんど

記事を読む

ランサーズ ロゴ

こんな働き方あり?クラウドソーシングのランサーズを活用した働き方

今までのクラウドソーシングサイトは、仕事を依頼する側の企業又は個人と、仕事を探している企業又は個人を

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑