【蛍 – 麻耶雄嵩】ファイアフライ館で起こるクローズドサークル

【蛍 – 麻耶雄嵩】ファイアフライ館で起こるクローズドサークル

 

大学のオカルトスサークルの6人組が、十年前に大量殺人が起こったとされる「ファイアフライ館(蛍館)」へ、肝試しに向かった。そこは10年前、作曲家でヴァイオリニストが演奏家6人を惨殺した現場だった。ふざけあうオカルトサークルの愉快な仲間たち。ファイアフライ館で最初の殺人はすぐに起きた。

蛍

 

典型的なクローズドサークルもの

本作はあらすじからも分かるようにクローズドサークルものだ。

山奥の館にサークル仲間と遊びに行き、予期せぬ嵐が訪れ、館から出ることはできない。更に電話線が切られてしまうため外界と断絶される。正に陸の孤島である。

こういったクローズドサークルものは過去の偉人たちがいくつも出している。有名どころでは【そして誰もいなくなった – アガサ・クリスティ】【十角館の殺人 – 綾辻行人】【月光ゲーム – 有栖川有栖】などなど、ミステリー小説をあまり読まない人でも、一度は聞いたことがあるのではなかろうか。

読み進めていると「館の外界にいる人の形跡」「秘密の通路」というキーワードが散見されていて、本作は過去のトリックの二番煎じなのではないか、、と邪推してしまったが本作は麻耶雄嵩の作品。そうはいかないところがさすがである。

孤島

 

主観の移り変わり

主観が一人称、三人称と移りいくので読者は惑わされるが、この主観の移行こそが本作の鍵。読者は登場人物の誰の立場で読み進めていいのか分からないまま、物語は進んで行く。勘ぐくればトリックは見抜けるかもしれない。

しかし本作の最大の特徴は「読者ではなく登場人物同士で叙述トリックを繰り広げている」こと。読者側からすれば眼前に突きつけられている事実ではあるが、登場人物同士ではその事実に全く気づかない。それも主観が移行するからこそ成せる技なのだ。

 物語全体を覆う複数のトリックが鮮やか。麻耶雄嵩は相変わらず面白いトリックを仕掛けてくる。これからも追いかけて行きたい作家の一人だ。

 

ミステリー要素が全て集約!【翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 – 麻耶雄嵩】
本書は典型的なミステリー要素がこの本に全て集約されている。例えば、、古城、血縁関係、密室殺人、首なし死体、蘇る死者、天才肌の名探偵、オカルティズム、蓋然性の見極め、ミスリード、叙述トリックなどなど。これらの単語を聞いただけでも卒倒しそうなミステリーファンは、読了後発狂すること間違いなしである。
アンチフーダニット短編集!【メルカトルかく語りき – 麻耶雄嵩】
帯に作者からのメッセージが込められている。これは作者からの挑発であり、ミステリファンであれば見過ごす事はできない。その挑発がこれだ。「ドMなミステリファン、快感絶頂!本作ではメルカトルが色々と語ってくれます。どういうわけかメルカトルは不可謬ですので、彼の解決も当然無謬です。あしからず」






友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

素粒子

【小さい宇宙をつくる – 藤本順平】宇宙を構成する4つ力と統一理論について

素粒子とは物を細かく細かく切っていくと行き着く、物の最小単位。もうこれ以上は分解できない物質

記事を読む

虐殺器官

【虐殺器官 – 伊藤計劃】ゼロ年代のSF近未来小説第1位!

SF小説のガイドブック「SFが読みたい!」にて国内部門のゼロ年代SFベスト1位を獲得した殺戮

記事を読む

電通 苫米地英人 広告代理店

【電通洗脳広告代理店 – 苫米地英人】マスメディアを傀儡する電通の実態

日本のメディアを支配している電通。 この電通のタブーともいわれる内部に切り込んでいるのが苫米

記事を読む

クラインの壷

【クラインの壺 – 岡嶋二人 】元祖バーチャルリアリティを扱った驚愕トリック

1989年に初出版されたバーチャルリアリティを題材にした本書。20年以上前に出版されたにも関

記事を読む

フリークス 綾辻行人

【フリークス – 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

 面妖な表紙の子に誘われて本書を手にした。綾辻行人氏にしては珍しい幻想的なホラーとミステリー

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑