【電通洗脳広告代理店 - 苫米地英人】マスメディアを傀儡する電通の実態

【電通洗脳広告代理店 – 苫米地英人】マスメディアを傀儡する電通の実態

 

日本のメディアを支配している電通。 この電通のタブーともいわれる内部に切り込んでいるのが苫米地英人の本書だ。この本を読むまでは、電通がなにをしている会社なのか分からなかったが本書を読了して実態が明らかになった。

正直驚いた。電通がこの日本を傀儡しているといっても過言ではない。では何を行っているのか明らかにしていこう。

 

マスメディアを傀儡する広告代理店としての電通

電通はメディア(テレビ・ラジオ・新聞など)に広告主を紹介する会社である。また、広告主にメディアを紹介する企業でもある。テレビで例えると、CM枠で宣伝したい企業とテレビ局を結び付ける企業なのである。

なにが問題なのかというと、広告主あってのテレビ局なので、主要な広告主を悪くいうニュースは大々的には放送できないということである。大震災後の東電のネガティブなニュースを放送できなかったのもここに問題がある。東電といえば、でんこちゃんでおなじみのCMを見た事があるだろう。

どこのテレビ局でも東電はお得意様なのだ。お得意様は悪いくは言えないという動機で東電のネガティブなニュースは流せなかったのだ。

では、電通の何がいけないのか

メディア、広告主の双方の代理を一社で行っていて独占しているのが問題なのだ。メディア、広告主は、独占している電通に代理を頼む以外の方法がなくなる。つまり双方が電通には頭が上がらない状況なのだ。

電通がこういったものを世間に普及したい、こういったものを世間にプロパガンダしたいと言えば、メディアは広告主を失いたくないので従わざるを得ない。

それともう一点。国内で唯一視聴率を計測しているビデオリサーチの筆頭株主は電通なのだ。外部で監査する機関はない。仮説ではあるが、このビデオリサーチで視聴率を改竄さえすれば、視聴率を自由に操って広告主を手玉に取ることもできる。

電通を解体するにはどうすればよいのか

これは中々難しい問題だ。実は電通の社外監査役には、独占禁止法に携わる公正取引委員会の元幹部が在籍している。他には銀行出身者、元政治家なども重鎮している。これでは、独占禁止法で訴えるのも難しく、政治家からの外圧もある。

まずは、我々市民が本当の意味での電通という会社を認識する必要がある。この本書を読んで電通に伏在している裏を知って欲しい。

著者の苫米地英人も本書に書いていたが、皆で公正なメディアを取り戻すためにも叫び続けなければならないのだ。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

容疑者Xの献身

【容疑者Xの献身 – 東野圭吾 】犯人に焦点を当てた倒叙ミステリーの傑作

[amazonjs asin="B001OF63WE" locale="JP" title=

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

蛍

【蛍 – 麻耶雄嵩】ファイアフライ館で起こるクローズドサークル

大学のオカルトスサークルの6人組が、十年前に大量殺人が起こったとされる「ファイアフライ館(蛍

記事を読む

体内時計

【時間の分子生物学 – 粂和彦】体内時計(概日リズム)と睡眠時間の関係

この本は好奇心を満たしてくれた。誰にでも持っている体内時計と睡眠時間の関係を遺伝子レベルから

記事を読む

メルカトルかく語りき

【メルカトルかく語りき – 麻耶雄嵩】アンチフーダニット短編集!

帯に作者からのメッセージが込められている。これは作者からの挑発であり、ミステリファンであれば見過ごす

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑