【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

 

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術による極度な福祉社会が実現された世界が今回の舞台だ。前作との繋がりはほぼないので、どちらを先に読んでも構わない。核戦争よりも前が虐殺器官、核戦争後がハーモニーである。今回も伊藤計劃独特の動物としての人間を捉えた描写が炸裂している。では具体的な内容に入っていこう。

ゼロ年代のSF近未来小説第1位!【虐殺器官 – 伊藤計劃】
タイトルから狂気・スプラッター系の小説なんだなと思い込み敬遠していたが、実際読んでみると全然違う。「虐殺器官」というタイトルに敬遠して今まで読まなかった自分を責めたくなる程、素晴らしい作品だった。タイトルに反してグロテスクな描写はほぼない。では、あらすじからどうぞ。

 

ハーモニーのあらすじ

核戦争後の人類は、「生命こそ最高に価値がある」という生命主義の社会を構築していた。病気や犯罪は根絶され、お互いのことを慈しみあい支え合う社会になっていた。その優しい世界に嫌悪を感じる主人公、世界に反抗するために自殺しようと行動するところから物語は始まる。そんな中、突然「全世界で何千人もの人間が同時に自殺する」という事件が発生。

戦争や病気がなくなった平和な社会、これが現実の社会の延長線上として描かれていて設定状況が驚く程に緻密。前作と同様、壮大な構想の前にただただ圧倒される作品だ。

虐殺器官

 

現代社会への問題提起

本作のテーマは身体と意識だ。「生命こそ最高に価値がある」という考えの元に徹底した社会福祉が構築される。例えば以下の様な過剰とも見れる規制、現実の延長線上と捉えると分からなくもない。

  • メディアでの暴力的描写の規制
  • 酒・煙草の規制
  • 不健康・喧嘩に繋がるあらゆる行為の規制

これらの規制の元、いきついたのは没個性社会だ。個性は失われ、身体は公共性の貴重なリソースとして社会の財産となってしまうのだ。そんな社会に嫌悪を感じた人々の言葉が印象に残る。

 

権力が掌握してるのは、いまや生きることそのもの。そして生きることが引き起こすその展開全部。死っていうのはその権力の限界で、そんな権力から逃れることができる瞬間。

 

「公共性の身体」から脱するために、そんな社会に反抗するために主人公は自殺するのである。

これは現代社会にも通ずる面白いテーマだ。これからの日本は間違いなく人口が減少していく、減少していく労働力の価値が上がるのは間違いない。更に高齢化社会が合わさると、社会福祉の強化や健康を阻害する物への規制強化は避けられない。本作を現代社会に当てはめるとこの様になる。

 

人口減少に伴う人的リソースの価値向上 + 高齢化社会による規制強化 ⇒ 身体が公共性の一つのリソースになる

 

大いにありえる社会ではなかろうか。「身体が公共性の貴重なリソースだ」という意識があるからこそ、大切な生命を傷つけることがない様に心がける。支え合う社会が構築される。しかし、強制的な「支え合う社会」はなんとも居心地が悪い。読んでいて違和感を感じる世界だ。

多少のネタバレになってしまうが、没個性の行き着く先を的確に表現した言葉を読んで貰いたい。人類にとってこれが正解だとは思えない、ではどうすればいい?と考えさせてくれる作品だ。

 

<null>

わたし

</null>

 

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

哲学 考える人

【超訳「哲学用語」事典 – 小川仁志 】哲学用語を体系的に学べる辞典

超訳「哲学用語」事典は哲学用語を体系的に学べる「哲学用語辞典」である。こういうものを私は探し

記事を読む

平山夢明

【他人事 – 平山夢明】万人受けしない残虐と不条理に塗れた14編

人間の暗い部分、触れては行けない部分、人としてやってはいけない事が全て詰め込まれているこの作品。暴

記事を読む

素粒子

【小さい宇宙をつくる – 藤本順平】宇宙を構成する4つ力と統一理論について

素粒子とは物を細かく細かく切っていくと行き着く、物の最小単位。もうこれ以上は分解できない物質

記事を読む

和食 料理

【甘い物は脳に悪い – 笠井奈津子】美味しいと感じる食べ物の栄養素とは

この著書を読むと食生活を改めようとする気概が生まれる。「美味しい物」と「体が欲している本質的

記事を読む

【まだ誰も解けていない 科学の未解決問題 – 竹内薫】科学者が挑む世紀の問題

過去、様々な科学者が挑んできたが解決できなかった未解決問題を収録した本書。これほどもまでに好

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑