【OUT – 桐野夏生】深夜の弁当工場で働く主婦たちの犯罪

【OUT – 桐野夏生】深夜の弁当工場で働く主婦たちの犯罪

 

本書は文藝春秋の東西ミステリーベスト100にランクインしている。犯行から物語が始まる倒叙ミステリであり、犯人が追いつめられていく描写を社会的に描く犯罪小説でもある。

舞台が深夜の工場派遣の苦悩ということもあり、辛辣な労働条件の下で苦しむ主婦たちの描写が度々登場している。さて、そんな彼女らが犯した犯罪の行方を迫っていこう。

東西ミステリーベスト100制覇への道
ミステリーファンから愛され続けている文藝春秋の「東西ミステリーベスト100」。作家、書評家、書店員、大学のミステリ研などの方々が、現存する全てのミステリー小説の中からベスト100を選び出した。死ぬまで使えるミステリー小説の指南書。そう、これが死ぬまでに読みたいミステリー小説100だ!

 

OUTのあらすじ

深夜の弁当工場で働く主婦たちは、こんな暮らしから脱け出したいと日々思いながら厳しい条件下で労働をしていた。そんな中で思いもよらぬ突発的な殺人事件が起きる。死体の処理に困った彼女たちは、死体をバラバラにしてバレないように投棄することを決意した。死体投棄後は場当たり的な展開が加速する。

要約すると、弁当工場で働く主婦がストレスから突発的に殺人を犯す。仲間が死体をバラバラにして捨てる。見つかり逃げるという話。とにかく展開が早いので長編にも関わらず、数日で読みえてしまった。しかし、展開が早いだけではなく社会的メッセージが印象的だ。

派遣 工場

 

低階層の苦悩と日本に潜む階層社会

来る日も来る日も工場と家を往復するだけの派遣社員、働いても働いても貯金ができないワーキングプアの現状を本書は書いている。主人公たちは、この状況からどうにか抜け出すために試行錯誤しているが、この階級を超えることはそう簡単にできることではない。どうしたら低階層から抜け出すことができるのか、まずは低階層な人たちを、大きな枠で考えていきたい。

親が低学歴&低収入。子供が育つ環境が親に依存する。同じ環境で育った相手と結婚する。その繰り返し。

これが負のスパイラルが続く要因である。世間では階層が違う相手と結婚することが騒がれたりしているが、まだまだ一般的ではない。どうしても、このボーターラインを超えるには大きな障壁がある様に思う。だからこそ「玉の輿」「逆玉」というキーワードが流行ったりもする。

この超えられない階級の壁に主人公の主婦たちは辟易してしまっているのだ。その心境は想像しただけでも心が痛む。どうにか抜け出そうと保険金目当ての犯罪や逆玉を画策するがそれも中々いかない。本書を読んで、日本には階級社会がないとは思えなくなった。

日本もアメリカと同じで、金持ちが成した社会主義を貧乏人の民主主義が支える国だと思う。この経済体制を根本的に改革するのは難しい話ではあるが、、低階級のボトムアップを計ることでなんとかできないものだろうか。この様な内容に興味がある人は本書を読んで、是非考えてみて欲しい。

資本主義

 

和歌山毒物カレー事件で話題になった社会派ホラー【黒い家 – 貴志祐介】
保険金殺人事件を題材にした現代版ホラー小説。保険会社の存在意義や社会風刺、サイコパス犯罪についてなど現代社会のあり方についても説いている。世の中に存在する保険金殺人事件の裏側には、この様な人間模様が伏在していると思うと非常に恐ろしい。自分がサイコパスに追われている感覚になり眠れなくなること必須のホラー小説だ。
市橋容疑者も持っていた小説【向日葵の咲かない夏 – 道尾秀介】
死体が消えて、その死体の人物が人間ではないものになっていた!とのキーワードから購入。物語の土台となるのは輪廻転生。死んだ者が他の生物となって生き返り主人公を惑わせていく。。超自然的な要素がかなり入り交じっているので、一般的なミステリー小説が好きな人には抵抗があるかもしれない。






友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

幽霊たち

【幽霊たち – ポール・オースター】何も物語が動かない孤独な物語

80年代アメリカ文学の代表的作品と謳われる本作。私は本書が大好きで既に何回か読んでいる。ポー

記事を読む

情報収集

【情報を200%活かす 池上彰のニュースの学校 – 池上彰】膨大な情報の中から有効な情報を選別する方法

ネットを開けばそこには膨大な情報が溢れている。この中からどうすれば自分にとって有効な情報を引

記事を読む

サロン

【おとなの教養 – 池上彰】大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約

大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約されている。そしてこの教養から更に学びたい人たち

記事を読む

体内時計

【時間の分子生物学 – 粂和彦】体内時計(概日リズム)と睡眠時間の関係

この本は好奇心を満たしてくれた。誰にでも持っている体内時計と睡眠時間の関係を遺伝子レベルから

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑