フィリピンのハンドレットアイランド(100の島々)で無人島貸切!

フィリピンのハンドレットアイランド(100の島々)で無人島貸切!

 

世界一周第一発目の記事!海外にパソコンを持ち出したことがない自分にとって、海外で書く記事は新鮮。これから世界各国の情報や思ったことなど発信していくので宜しくお願いします。

只今、フィリピンの語学学校で1ヶ月間の留学中。2週間目なので丁度半分、英語を話すことに抵抗はなくなってきたが、まだまだ流暢な会話はできないので残り2週間修行します。

1ヶ月間の格安フィリピン留学を経て英語は上達したのか
長いようで短かった4週間=1ヶ月間のフィリピン留学が終了しました。フィリピン留学って実際どうなの?1ヶ月間で果たして英語は上達したの?、、などなどフィリピン留学を検討している人にとって、不安を解消するような記事を書いていきたい。

語学学校は土日の授業がないので、この土日を使って100の島々と呼ばれているハンドレットアイランドへ行ってきました。

ハンドレッドアイランド

 

ハンドレットアイランド(100の島々)とは

フィリピンの首都マニラから200km北上したところにあるハンドレットアイランド(100の島々)。実際は123の島々から構成されている。
ハンドレットアイランド

 

このハンドレットアイランドをGoogle Mapで見てみると面白い。日本顔負けの島の数々である。
ハンドレットアイランド

 
 

ボートで無人島巡り

ボートをレンタルして島々を巡ることができる。島々を周り砂浜のビーチで泳ぎ、バーベキューをしたり、ビールを飲みながら夕日を見ることができる。シュノーケリングのレンタルも可能だ。このハンドレットアイランドのいいところは島を独り占めできるということ

殆どの島に遠浅の砂浜があるので、ボートの運転手が人がいない島へ連れて行ってくれる。誰もいない島を友人達と独占して堪能できるのだ。贅沢極まりない…。

ハンドレットアイランド

 

島と島をロープを伝って渡るZIPラインや、高さ5mほどの洞窟からダイブできるポイントもあるので思う存分遊べる。
ハンドレットアイランド

 

砂浜で作った人魚。石灰岩とサンゴ礁で島ができているので素材がいっぱいあった。
ハンドレットアイランド

 
 

まとめ

ハンドレットアイランドは都会から離れていて、未開拓の穴場リゾートなので観光客が少ない。だからこそ綺麗な海や無人島を独り占めできる。世界一周一週目にして穴場スポットに出会えてよかった。

 

フィリピンで有名なアヒルの卵、バルート (balut)を食べてみた
フィリピンで有名な、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵を食べてみた。この卵はフィリピンでバルート (balut)と呼ばれている。留学先の先生からはフィリピンに来たら思い出として絶対食べろと言われ、生徒からもこれを食べないとフィリピンに来た意味がないぞとまで言われた。
フィリピン留学・オンライン英会話を徹底比較!英語を勉強するならどっち!?
グローバル化の流れに乗って、以前に比べて英語を勉強している人が増えている。またその流れに合わせて、英語の勉強方法はどんどん多様化している。この多様化した英語の勉強方法、特に格安で英語の勉強ができる「フィリピン留学とオンライン英会話」 を徹底的に比較しようという試みが本記事だ。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

格安フィリピン留学を1ヶ月間して英語は果たして上達するのか!?

長いようで短かった4週間=1ヶ月間のフィリピン留学が終了しました。留学をする前は未知の土地への不安と

記事を読む

バルート (balut)

フィリピンで有名なアヒルの卵、バルート (balut)を食べてみた

フィリピンで有名な、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵を食べてみた。この卵はフィリピンでバルート

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑