フィリピンで有名なアヒルの卵、バルート (balut)を食べてみた

フィリピンで有名なアヒルの卵、バルート (balut)を食べてみた

 

フィリピンで有名な、孵化直前のアヒルの卵を加熱したゆで卵を食べてみた。この卵はフィリピンでバルート (balut)と呼ばれている。留学先の先生からはフィリピンに来たら思い出として絶対食べろと言われ、生徒からもこれを食べないとフィリピンに来た意味がないぞとまで言われた。

格安フィリピン留学を1ヶ月間して英語は果たして上達するのか!?
長いようで短かった4週間=1ヶ月間のフィリピン留学が終了しました。フィリピン留学って実際どうなの?1ヶ月間で果たして英語は上達したの?、、などなどフィリピン留学を検討している人にとって、不安を解消するような記事を書いていきたい。

生後30日程経った孵化しかけの卵なので見た目が滅茶苦茶ぐろい。しかし、見た目に反して中身の味は美味しいらしい。フィリピン留学の最終日に先生と生徒と一緒に意を決して食べた。

バルート (balut)

 

実際にバルート (balut)を食べてみた

まず殻のてっぺんに穴をあけ汁を啜る。これがなんともいえない味で、貝の汁やサザエの汁などと味が近い。次に、殻を剥き塩や酢をかけて食べる。

できたての内臓と、顔の部分が分かるのが気持ち悪い。味はというと、ゆで卵に近い感覚。目を隠して食べればまずまずの味。しかし、どこの部位か分からないが白い部分だけ硬く、ゴムを食べてる感覚。

バルート (balut)は、路上で30円ほどで売られているので、フィリピンに行く機会があれば誰でも挑戦することができる。フィリピン以外にもカンボジアやベトナムなどの東南アジアにもあるそう。

ゲテモノを食べたのはこれが初めてで、食べる前に何度も躊躇したが完食できた。殻を開けた瞬間の気持ち悪さを我慢できれば、誰でも食べれる。さあ、レッツトライ!

バルート (balut)

 

フィリピンのハンドレットアイランド(100の島々)で無人島貸切!
フィリピンの首都マニラから200km北上したところにあるハンドレットアイランド(100の島々)。実際は123の島々から構成されている。このハンドレットアイランドのいいところは島を独り占めできるということ。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

ハンドレッドアイランド

フィリピンのハンドレットアイランド(100の島々)で無人島貸切!

世界一周第一発目の記事!海外にパソコンを持ち出したことがない自分にとって、海外で書く記事は新鮮。これ

記事を読む

格安フィリピン留学を1ヶ月間して英語は果たして上達するのか!?

長いようで短かった4週間=1ヶ月間のフィリピン留学が終了しました。留学をする前は未知の土地への不安と

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑