【超訳「哲学用語」事典 – 小川仁志 】哲学用語を体系的に学べる辞典

【超訳「哲学用語」事典 – 小川仁志 】哲学用語を体系的に学べる辞典

 

超訳「哲学用語」事典は哲学用語を体系的に学べる「哲学用語辞典」である。こういうものを私は探していた。哲学書は意味の分からないカタカナ用語が散見されていて、一々調べるだけで時間がかかってしまう。

本書では難解な単語を噛み砕いて説明してくれているので分かりやすく理解しやすい。これから哲学書を読み始めたい方や哲学に興味がある方は、是非本書を読んで頂きたい。ベースとなる用語の知識を習得するだけで物の見方が変わってくるだろう。

 

哲学用語は抽象度が高いので分かりづらい

例えばドグマ、エロス、カタルシス、メタファー、唯物史観など一度は聞いた事がある単語だと思うが、抽象的で何を指しているのか分かりづらい。こういった用語が頻繁に扱われるせいで、哲学は難解でとっつきにくいものだとバイアスがかかってしまうのだ。

本書では図や一言でこの単語の意味を表しているので、知識を増やすためにはもってこいなのである。そういう観点では雑学書としてみることもできる。

Greek philosophers

 

哲学は身近なところに潜んでいる

オリンピックにおけるナショナリズムについて、喫煙マナーとは、好きな子へのアプローチ方法、子供の教育方針、などなど身近で哲学の要素を孕む場面は日々起こっている。

こういった時、自分はどう対応すればいいのか。その根幹となる考えを確立させるためにも哲学は必要である。是非、本書を読んで基礎知識を固めてみてわどうでしょうか。

また、哲学発祥の古代ギリシャ哲学についてまとめた記事を書いています。古代ギリシャ哲学「ソクラテス・プラトン・アリストテレス」まとめ!にて、主要3人の哲学をまとめているので、哲学を勉強したい方にはオススメです!

Melbourne_City_Life

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

炎上 鳥

【なぜ僕は「炎上」を恐れないのか – イケダハヤト】実は前に炎上したことがある

実は私自身、四年程前に炎上を起こしてしまったことがある。経験者だからこそ作者の言いたい事が身

記事を読む

旅のラゴス

【旅のラゴス – 筒井康隆】生涯をかけて旅をする意味と目的とは

本の内容は、主人公が生涯をかけて世界中を旅して地元に帰ってくるだけの話。内容はあり来たりではある

記事を読む

なめ猫

【ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 – 原田曜平】マイルドヤンキーの実態について

ロスジェネ世代、ゆとり世代、さとり世代、、その時代の世代の呼称はユニークで、人は誰でもカテコ

記事を読む

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

【翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 – 麻耶雄嵩】ミステリー要素が全て集約!

ゲルマン・ゴシックを基調とした武骨な造形の洋館。粗い煉瓦造りの側壁に半円を描いたポーチ。窓には分

記事を読む

フリークス 綾辻行人

【フリークス – 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

 面妖な表紙の子に誘われて本書を手にした。綾辻行人氏にしては珍しい幻想的なホラーとミステリー

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑