自己啓発の起源を調べたらニューソートという宗教に辿り着いた

自己啓発の起源を調べたらニューソートという宗教に辿り着いた

 

本屋に行くたびに自己啓発書の多さに驚く。ビジネス書ランキングの上位にも「これを読めば年収アップ」「年収一億も夢じゃない」「夢を叶える○○メソッド」など胡散臭いタイトルのものが並んでいる。

過去に何十冊か自己啓発系の本を読んでみたが、書いてある内容はどの本もほぼ同じ。自分自身が行動に移さなければ何も結果はついてこない、自己啓発本は行動するための後押しをしてくれるものだと私は認識している。

そこで思ったのが、そもそも起源ってなに?何故流行ってるの?と思い調べてみた。

 

全ては宗教団体のニューソートから

19世紀の米国でおきた、ニューソートという宗教運動が自己啓発の起源である。人を勤勉にさせようと、同時代のスピリチュアルや神秘主義的な観点を持つ様々な思想を吸収し折衷していく事で昇華していった。また、日本では光明思想と訳される事が度々ある。

ニューソートの主張は以下のように要約されている。

・人間の心情と意識と生命は宇宙と直結している。
・あらゆる病の本質は自己意識に対する無知が原因である。
・原罪は存在せず、万人が「キリスト」の力を内包している。
・全人類に、喜びと成長と発展と幸福の機会が既に与えられている。
・人間は内なる「神」の一部を顕現すべく無限の発展を遂げつつある。
・正統的宗教哲学は数百年間過ちを犯し続けてきた。
・愛の力は神の意志の地上的表現である。

要約を読んで頂ければ分かると思うが、気持ちを明るく保つことによって運命が開けるという考え方の元にこの運動が行われた。つまり「自分のは思いは実現化する」という神秘的な教義がベースになっている。

やればできる 自己啓発

 
 

自己啓発(ポジティブ・シンキング)の大衆化

世界恐慌後の米国で「ポジティブ・シンキング」というキャッチコピーの元に大衆化した。ポジティブ・シンキングは様々な業界に波及していき、新人研修、マーケティング、経営学などでも取り入れるようになった。そして、本を通じて私たちに訴えかけるようになったのだ。

元を辿るとルーツは宗教活動で、訴えたい事は「自分のは思いは実現化するということ。だから本屋に並ぶ自己啓発系の本は、言葉を変え表現を変え同じ内容を訴えかけているのだ。よって自己啓発本の多くは内容がほぼ同じ内容のものになるのは当然なのだ。

ポジティブシンキング 自己啓発

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

「日本人が知らない日本語」は日本語の勉強にも日本人にもためになる!

海外を長期旅行していると時々、日本語を勉強している外国の人と会う機会がある。日本語学校に通ったり、日

記事を読む

25

25歳は人生の分岐点!転職と結婚について考えよう!

私は今現在25歳である。25歳といえば四捨五入すると30歳。日本人の寿命が約83歳なので人生の30%

記事を読む

ようじょ

「障害」と付く病名の多くを「症」に変えると日本精神神経学会が発表

日本精神神経学会が、精神疾患の病名について新しい指針を発表した。差別意識や患者の不快感の低減、症状が

記事を読む

言語

英語などの語学勉強をする前に知っておきたい言語相対論について

英語やスペイン語、中国語など世界には8,000を超える言語が存在すると言われている。その中でも日本人

記事を読む

twitter 依存

先後関係と因果関係の違いを理解し見極めよう

先後関係と因果関係の使い方が世間一般で間違っているように思う。 特に因果関係の使われ方はひどい

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑