鳥葬を行うゾロアスター教(拝火教)とは!?

鳥葬を行うゾロアスター教(拝火教)とは!?

 

鳥葬という言葉を聞いたことがあるだろうか?鳥葬とは、服を剥いだ遺体を荒池へ運び、鳥に食べてもらう葬儀のことを言う。この鳥葬は元々はゾロアスター教が行っていて、チベット仏教に伝わった。

このゾロアスター教の本拠地であるイランのヤズドへ行ってきたので、ゾロアスター教ってなに?鳥葬って具体的になにするの?といった点について解説していきます。

 

ゾロアスター教(拝火教)とは

拝火教はその名の通り火を崇拝している

前述したがゾロアスター教はイランのヤズドという土地が本拠地だ。ゾロアスター教の日本語読みは拝火教(はいかきょう)。その名の通りこの宗教は火を崇拝している。

火が存在しなければ夜に暖炉を取ることができないし、食事の調理や武器の作製などもできない。こういった点から火は必要不可欠と考えていた。よって火を聖なるものと崇拝し、他にも自然である空気・大地・水をも崇拝の対象にした。

下記の写真はゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)だ。内部には1,500年以上も燃え続けている火がある。

ゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)の正面から

ゾロアスター教寺院(アーテシュキャデ)の正面から

 

1,500年以上燃え続けている火

1,500年以上燃え続けている火

 

 

ゾロアスター教は善と悪の二元論だが、善の勝利が決まっている

ゾロアスター教の考え方は善と悪の二元論である。良い行いをすると「善の力」が溜まり、悪い行いをすると「悪の力」が溜まる。そして最後の審判の日に、この善の力と悪の力が戦うことになるのだが、なんとこれが善の力が勝利することが決まっている。そして完全なる幸福な世界が永続するとされている。なんとも楽観的な終末論であろうか。

ちなみに、善の神はアフラ=マズダー、悪の神はアングラ=マイニュと呼ばれている。ゾロアスター教の寺院にいくと善の神であるアフラ=マズダーが飾られている。

善の神であるアフラ=マズダー

善の神であるアフラ=マズダー

 

 

鳥葬とは鳥に遺体を食べてもらう儀式

なぜゾロアスター教が鳥葬を行っているのかというと、自然に対してできるだけ害なく埋葬する方法を模索して鳥葬に行き着いたからだ。自然に害を与えないだけでなく、鳥たちの餌にもなる。

食物連鎖や動的平衡で人間は自然に還り、新たな生物を構成する体の一部になると良く言われるが、この鳥葬こそがそれを如実に体現している。

世界一周すると動的平衡を感じることができる
世界一周を旅や人生などから考えるのではなく、生物学的な観点で捉えてみたい。動的平衡は生物学・物理学の専門用語ではあるが、哲学的な内容も孕んでいるので面白い。他にない着想で世界一周を捉えているので、世界一周に興味がある人、旅に興味がある人は是非読んでみて欲しい。

 

そしてこの鳥葬の舞台となるのがイランのヤズドにある「沈黙の塔」だ。人間を食べやすくするように遺体を解体し断片をこの沈黙の塔に並べる。

イランでは現在、この鳥葬は衛生の面で禁止されている。過去に鳥たちが持ち運んだ遺体が、街中にばら撒かれたとのこと。もちろん日本でも鳥葬は禁止だ。

これがヤズドにある沈黙の塔

これがヤズドにある沈黙の塔

 

先人はこの穴に遺体を置いていた

先人はこの穴に遺体を置いていた

 

他にもイランに関する記事を書いているにで、合わせてぜひ読んでみてほしい。

イランの観光名所であるモスクを一挙公開!都市ごとにまとめました!
イランの主要都市であるシーラーズ、ヤズド、エスファハーン、テヘランを周ってきました。イランはあまりにもモスクの数が多い為、観光名所で有名なモスクをピックアップして都市別に紹介していきます。各モスクの紹介では写真を載せていますので、繊細に描かれた模様や建築の美しさを堪能してしてみください。それでは、どうぞ。
イランは親日で治安は良い!しかし、メディアにプロパカンダされている
日本にいる頃は、イランは戦争や紛争があって危険で治安が悪いイメージがあった。しかしこれは記事のタイトル通り、メディアがプロパカンダしているからだ。ではなぜメディアがイランは危険で治安が悪いといったイメージを植え付けているのか解説していこう。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

イランの観光名所であるモスクを一挙公開!都市ごとにまとめました!

イランの主要都市であるシーラーズ、ヤズド、エスファハーン、テヘランを周ってきました。どの都市にも息を

記事を読む

メディアにプロパカンダされてるが、実はイランは親日国で治安が良い

イランは親日で治安は良い!しかし、メディアにプロパカンダされている

日本にいる頃は、イランは戦争や紛争があって危険で治安が悪いイメージがあった。アメリカのブッシュ前大統

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑