ブルガリアといえばヨーグルト大国だけど、発祥の国ではない!?

ブルガリアといえばヨーグルト大国だけど、発祥の国ではない!?

 

ブルガリアといえばヨーグルト、ヨーグルトといえばブルガリアだ。これは日本人ならば、誰もが同じイメージを持っているだろう。ブルガリアには他に、相撲取りの琴欧洲や薔薇祭りが有名ではあるが、やはりヨーグルトには勝てないだろう。

そんなヨーグルト大国であるブルガリアに行ってきたので、実際のところはどうなのか紹介していきたい。また、タイトルにあるようにブルガリア=ヨーグルトというイメージがあるが、ヨーグルト発祥の地はブルガリアではありません。ではどこで発祥したのだろうか、その経緯も探っていきます。

ブルガリアでヨーグルト三昧してきました!

ブルガリアでヨーグルト三昧してきました!

 

なぜ、ブルガリアといったらヨーグルトのイメージがあるの?

ブルガリアとヨーグルトのイメージを結びつけたのは、皆さんお馴染みの株式会社明治の明治ブルガリアヨーグルトだ。CMで聞く「明治ブルガリアヨーグルト」というフレーズは耳に残りやすく、これを日々聞いているから、ブルガリア=ヨーグルトというイメージが刷り込まれているのだ。

明治ブルガリアヨーグルトが誕生したきっかけは、明治の社員が大阪万博でブルガリア館を訪れ、そこでたまたまヨーグルトを食べたのが全ての始まりだそう。それから、何度もブルガリアへ通い技術提携を果たしたのだ。

明治ブルガリアヨーグルト【ヨーグルトの正統】|明治ブルガリアヨーグルトについて|明治ブルガリアヨーグルト倶楽部|株式会社 明治

 

ブルガリアに滞在した時は、毎日ヨーグルトを食べ続けた。驚いたのが日本で食べるブルガリアヨーグルトと、本場のブルガリアヨーグルトの味が全く同じだったということ。これこそ、明治社員の成果だと思う。本場のヨーグルトをそのまま日本の食卓へというポリシーが反映されていて、良い意味で本場で食べるヨーグルトになんの新鮮味も感じなかった。

 

ブルガリアヨーグルトにブルガリアがついている理由とは?

ヨーグルトは乳酸菌という細菌から作られている。乳酸菌とは大きなカテゴリーでその中には、サーモフィラス菌、ブルガリア菌、ビフィズス菌、アシドフィラス菌などたくさんの細菌が存在する。その中でも、サーモフィラス菌とブルガリア菌はヨーグルトに必ず含まれている。明治はこのブルガリア菌からブルガリアヨーグルトという名前を付けたのだ。

サーモフィラス菌は、球状の形をしているので球菌とも呼ばれている。このサーモフィラス菌は、腸内にある細菌を良い状態に保ってくれるため、ヨーグルトは体に良いのだ。

本題であるブルガリア菌は、棒状の形をしているので桿菌とも呼ばれている。ブルガリア菌も同じく、腸内の環境を良くしてくれる効果を持っている。

それではなぜ、ブルガリア菌と呼ばれているのか。それは1905年にスタメン・グリゴロフというブルガリア人が新しい菌を発見して、ブルガリア菌という名称に決めたからだ。

Gram_Stain_Anthrax

 

サーモフィラス菌とブルガリア菌を一緒にヨーグルトに混ぜることで、美味しく体に良いヨーグルトが出来上がるのだ。サーモフィラス菌とブルガリア菌の相性は良いので、短時間で増殖しやすく乳酸を多量に生成できる。この2種類の菌にビフィズス菌や他の菌を加えることで、ヨーグルトに甘みを加えたり酸味を加えたりすることができるのだ。

前述したが、乳酸菌は腸内の環境を整えてくれるので、ヨーグルトでなくてもそのまま食べてしまえば同じく体に良い。なので腸内環境を整えてくれる、乳酸菌入りの食品が多く売られているのだ。TVで話題!すんき漬け由来の乳酸菌配合!どっさんこ オリゴ便もそういった部類だ。

そのまま腸内に入れる方が吸収率は高いので、効果は高い。今なら割引キャンペーン中なので一度、オリゴ便を試してみてもいいだろう。

ブルガリアでは食事に必ずヨーグルトが付いてくる。

ブルガリアでは食事に必ずヨーグルトが付いてくる。

 

それでは本題!果たしてヨーグルト発祥の国とは?

それでは本題のヨーグルト発祥の国はどこなのか、紹介していきましょう。実はヨーグルトはブルガリアの隣国であるトルコで発祥しました。トルコ近辺を旅した遊牧民が、革製の袋にミルクを入れていたところ、気づいたらヨーグルトに変わってしまったのだという。これは偶然、ミルクに乳酸菌が入り込んだために、ヨーグルトに変化したのだ。

ヨーグルトの名前の由来は、トルコ語のyogurt(ヨーウルト)からきている。さすが世界三大料理に入るだけある。ケバブやトルコアイスは勿論だが、ヨーグルト発祥の国ということも周知されるべきだ。

トルコに行ったらドネルケバブ・サバサンド・トルコアイスを必ず食べよ!

トルコのスターバックスでしか飲めない限定メニュー「トルココーヒー」

 

しかし、やっぱりヨーグルトが食卓に根付いているのはブルガリアだ。下記の写真を見ても一目瞭然だろう。さすがは一人あたりの年間ヨーグルト消費量世界一のブルガリアだけある。やっぱりヨーグルトといえばブルガリアだね!

ブルガリアのスーパー。驚きのヨーグルトの品揃えにびっくりした!

ブルガリアのスーパー。驚きのヨーグルトの品揃えにびっくりした!

 

バルカン半島&ユーゴスラビアを旅行するならこれを読め!全11カ国まとめ

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑