ドラキュラ城のモデル「ブラン城」に潜入してきました!

ドラキュラ城のモデル「ブラン城」に潜入してきました!

 

ルーマニアにはなんと、吸血鬼のドラキュラが住んでいたとされるブラン城(ドラキュラ城)がある。ルーマニアといえば体操選手のコマネチやチャウシェスクが有名だが、ドラキュラの誕生地でもある。

ルーマニアの独裁者「チャウシェスク」と「国民の館」について知ろう!
今回は、ルーマニアの一大観光名所である「国民の館」をレポートしていきます。表題の通り国民の館は、世界で第2位を誇る建造物である。合わせてこの国民の館を建造するに至った、ルーマニアの独裁者「チャウシェスク」についても簡単に解説していきます。

今回は実際にブラン城(ドラキュラ城)に潜入してきたのでその紹介と、ドラキュラ誕生の秘話についても触れていきます。本記事を読めばドラキュラに関する基礎知識がつくはずです。それでは行ってみましょう!

 

ドラキュラにはヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)というモデルがいた!

ヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)という人物がドラキュラのモデルになっています。ルーマニアの南部にあるワラキア公国を統治していた人です。

この人はなんと、当時敵であったオスマン帝国の兵士を串刺しにして、一列に並べたとの逸話があります。このような逸話があったので、ヴラド・ツェペシュは「ツェペシュ」というあだ名で呼ばれていました。ツェペシュはルーマニア語で串刺しという意味。

また、ヴラド・ツェペシュの父親も凶暴で、皆から悪魔公と呼ばれていました。悪魔の子供、ルーマニア語で「Dracula」というあだ名もヴラド・ツェペシュは持っていました。「Dracula」を英語で発音すると「ドラキュラ」。そうこれが、ヴラド・ツェペシュがドラキュラのモデルとなった所以です。

141002-vlad2_5a4fde4a5dd6323129efb42b71b838b1

 
 

ドラキュラ城のモデル「ブラン城」!

ドラキュラ城のモデルとされているブラン城は1388年に完成しました。ルーマニアのブラショフという街から南西に30km行った、トランシルバニア地方に建設されました。敵であるオスマン帝国をいち早く見つけるために、山の上に築かれています。

Castelul_Bran

 

このブラン城の所有者は時代と共に変わっていきます。最初にドラキュラのモデルとなったヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)の祖父が建設し、ハンガリー王家、ルーマニア国王フェルディナンド1世、ルーマニアの国有化などという風に所有者が変わっていきました。しかし、ドラキュラのモデルとなったヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)はブラン城に住んだことがありません。

では、なぜブラン城がドラキュラ城と呼ばれるようになったのか。それは、19世紀末にアイルランド人の作家ブラム・ストーカーが「ドラキュラ」という小説を発表し、その中で登場するドラキュラ城がブラン城を模したものだからです。

 

これで架空のドラキュラ城とブラン城が結びつきました。それではドラキュラ城の内部を見ていきましょう!

 

内部は迷路のようになっているので、いつドラキュラが出てきてもおかしくない雰囲気…(ごくり

内部は迷路のようになっているので、いつドラキュラが出てきてもおかしくない雰囲気…(ごくり

 

当時の貴族達が嗜んでいた高級そうな家具

当時の貴族達が嗜んでいた高級そうな家具

 

ドラキュラは出てきませんでしたが、動物の剥製を発見しました!

ドラキュラは出てきませんでしたが、動物の剥製を発見しました!

 
 

おまけ:ドラキュラとバンパイアの違いとは?

ドラキュラとバンパイア、どっちも吸血鬼でしょ!?と混同されている方が多いかもしれません。私もその一人でした。調べてみるとその違いは明確。バンパイアは生き物の精気を吸い取り活動する怪物、ドラキュラは血を吸って活動する怪物。

なのでバンパイアは血だけではなく、生き物の精気や精魂などを吸い取る怪物なのです。もっと分かりやすく言うと、バンパイアは怪物の種族の名前で、ドラキュラは個人名(ヴラド・ツェペシュ)ということになります。

当時のヴラド・ツェペシュ(ヴラド3世)は自分が小説や映画のモデルになるなんて、考えてもみなかったでしょう。今ではハロウィンの衣装でも使われるし、映画で度々見るので知らない人はいないくらい有名になりました。

これを知った上でに、改めてドラキュラに関する映画や小説に触れてみては如何でしょう!

 
 

ドラキュラの次はドラゴンが降臨した街!?

スロベニアの首都リュブリャナはドラゴンが降臨した街です。ドラキュラと同じようなファンタジックな街なので、是非こちらも読んでみてください!

スロベニアの首都リュブリャナにドラゴンが降臨!
世界には伝説のドラゴンが降臨して街に住み着いてる場所があります。それが、スロベニアの首都であるリュブリャナです。意外にも可愛らしいドラゴンの銅像写真や、スロベニアの首都リュブリャナに何故ドラゴンが降臨したのか、歴史的な背景を踏まえて紹介していきます。
バルカン半島&ユーゴスラビアを旅行するならこれを読め!全11カ国まとめ
バルカン半島&ユーゴスラビアの全11カ国を1ヶ月半に渡って旅行してきたので、その総集編としてこの地域を旅行する方々向けに、効率的に各国を周る経路、各国の歴史や観光名所などをまとめてみました。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

独裁者「チャウシェスク」が建てた「国民の館」を知ろう!

「ルーマニアに対して何かイメージするものは?」私はこの質問に対してルーマニアに行くまでは、何も答えら

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑