マケドニア共和国の呼称問題・国旗問題について解説します!

マケドニア共和国の呼称問題・国旗問題について解説します!

 

マケドニア共和国の首都スコピエに行ってきました。マケドニア共和国と言われても、殆どの日本人が場所や首都を答えられないほどマイナーな国です。首都のスコピエについては下記の記事にて書いてます。これまた本当に奇妙な街なんですよ。

また、マケドニア共和国で生まれたマザー・テレサについても記事を書いてます。マケドニア共和国に来るまでマザー・テレサの出身国とは知らなかったので、これにはびっくりしました。

マケドニアの首都スコピエは世界一奇妙な街!?その実態に迫る。
マケドニアの首都スコピエに実際に行ってみて思ったこと、タイトルにある通り奇妙過ぎる首都について書いていきます。首都にも関わらず、どこかのテーマパークみたいな街並みになっていて面白いですよ。常に「一体この街はなんなんだ…!?」と思いながら歩いていたので、その感覚を皆さんにも伝えたいです!
マザー・テレサはマケドニアで生まれたアルバニア人って知ってました!?
マザー・テレサといえば、インドのコルカタで貧しい人たちに社会援助をしたことで有名だ。コルカタに死を待つ人々の家というホスピスを設立して、人種や宗教を問わず、全ての貧しい人たちに愛を捧げ社会援助をした 。そんな彼女の生まれ故郷に迫る。

今回は、少しでも多くの人がマケドニア共和国に興味を持ってもらえるように、呼称問題と国旗問題に触れてみようと思います。

この二つの問題は国際問題として、一時期大きく取り扱われていたので、知っている人もいるかもしれません。1991年に誕生した比較的若い国「マケドニア共和国」、まずはこのマケドニア共和国という名称の問題から解説していきましょう。

 

マケドニア共和国の呼称問題について

マケドニア共和国は旧ユーゴスラビアから、1991年に独立した新しい国です。この独立をめぐって「マケドニア共和国」という国の名称で問題が起こりました。

皆さんお馴染みの東方遠征をしたアレクサンドロス大王、彼の出身地はマケドニアなのです。ただこのマケドニアとは古代マケドニア地方のことを指し、今回紹介しているマケドニア共和国とは異なります。

古代マケドニア地方は、マケドニア共和国、ギリシャ、ブルガリア、アルバニアにわたっているため、各国がマケドニア共和国という名称で独立したことに反発しています。

その中でもギリシャは国名を変えるように強く要請しました。実はアレクサンドロス大王が生まれたのは、ギリシャ北部の古代マケドニア地方であり、ギリシャはマケドニアという名称の街を既に持っていたからです。

なのでこの記事では混乱を避けるために、「マケドニア」ではなく「マケドニア共和国」という呼称を使っています。

EUや日本などは「マケドニア共和国」という呼称を認めていないため、国際連合加盟時の「マケドニア旧ユーゴスラビア共和国」、英語では「The Former Yugoslav Republic of Macedonia , 略称:FYROM」という呼称が正式な場では使われています。

こんな長い国名誰も使いたくないですよね、なのでどの国も略称の「マケドニア共和国」「FYROM」という呼称を使うのです。

514px-Macedonia_region_map_wikipedia

 
 

マケドニア共和国の国旗問題について

マケドニア共和国は独立に際して、国旗についても問題を持っています。以前までは「ヴェルギナの星」と呼ばれる古代マケドニア地方の国旗を採用していました。これは、アレクサンドロス大王のシンボルマークです。

ここで反感をかったのは呼称問題で登場したギリシャ。ギリシャもまた古代マケドニア地方に、ヴェルギナの星を象徴として扱っていたので激しい対立になりました。

Flag_of_the_Republic_of_Macedonia_1992-1995.svg

 

憤慨したギリシャはマケドニアに対して経済封鎖や様々な規制をかけて、折れたマケドニアが新しい国旗を改定しました。新しい国旗のデザインは、アレクサンドロス大王の父の棺の文様や、中央の太陽から世界中へ光をさす意味が込められています。

新しい国旗に改定した後にも、意外なところで問題が起こりました。分かりますよね、そう、新国旗は旭日旗に似ているので韓国人が爆発したのです…。ちなみに、日本の旭日旗とは一切関係はありません。

朝日新聞なぜOK?「韓国起源説」まで… 韓国「旭日旗追放運動」は首尾一貫していない
「旭日旗を韓国が問題視するなんてことは、昔は全然ありませんでした。日章旗ならまだありましたが……すべて、この2年ほどの話です」

Flag_of_Macedonia

 

以上がマケドニア共和国の呼称問題と国旗問題になります。この旧ユーゴスラビアは、世界で最も複雑な問題を抱えていると言われています。

マケドニアはアルバニアと対立しているし、ギリシャもアルバニアと対立、コソボはセルビアと対立、他の地域でも様々問題を持っているので一筋縄ではいかない状況です。

なんたって旧ユーゴスラビアは「七つの国境、六つの共和国、五つの民族、四つの言語、三つの宗教、二つの文字、一つの国家」と揶揄されるくらい複雑なんですから。

コソボ紛争とNATOのセルビア空爆について分かりやすく解説します!
本記事ではコソボ紛争とNATOのセルビア空爆について、分かりやすく解説しています。日本に住んでいると中々、紛争や民族の争いに関わる機会がないので、本記事を通じて生々しい現場をお伝えできればと思います。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

マザー・テレサはマケドニアで生まれたアルバニア人って知ってました!?

マザー・テレサといえば、インドのコルカタで貧しい人たちに社会援助をしたことで有名だ。コルカタに死を待

記事を読む

マケドニアの首都スコピエは世界一奇妙な街!?その実態に迫る。

マケドニアの首都スコピエという街に行ってきました。マケドニアがどういう国なのか、どういった歴史がある

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑