【なぜ僕は「炎上」を恐れないのか - イケダハヤト】実は前に炎上したことがある

【なぜ僕は「炎上」を恐れないのか – イケダハヤト】実は前に炎上したことがある

 

実は私自身、四年程前に炎上を起こしてしまったことがある。経験者だからこそ作者の言いたい事が身に染みて伝わってきた。一体、炎上当事者の心情はどうなっているのか。私が起こした炎上の経験を参考に紐解いていこうと思う。

 

Twitter上で排他的なグループを作り炎上してしまった

就活時代はTwitterを通して、内定が取れず思い悩んでいた同じ人たちと仲良くしていた。ある時、私がこういう人たちを集めて「○○○○」というグループを作ったら楽しそうだねとツイートした事が始まりだった。この発言をしたその日の内に、グループに入りたい人たちを、私の承認の元にリストに追加していったのだ。グループを立ち上げた次の日から承認を求めてDMを飛ばしてくる方が増えていった。承認基準は曖昧だが私の主観でグループに入れるか否かの判断をしていたのだ。

グループに入れず排他された側の人たちの怒りの方向が私に向かうのは無理もない。日に日に2chで私を取り上げられる事が多くなり、やり玉に上げられるようになったのだ。本名こそ特定はされなかったが、大学や住まいを特定されてしまった。

炎上 Twitter

 

炎上当事者の心情について

炎上した当初は、Twitter上の誰が私のことを2chに書き込んでいるのか分からず、人間不振に陥った。正直、中々眠りにつけず一日思い悩んだ日も少なくない。

ただ、今考えてみるとあの炎上を切っ掛けに、自分に好意的な人と嫌いな人が明確に分かれたように思う理由としては炎上している自分に対して擁護してくれる人や、逆にリプライで呷ってくる人もいたからだ。本書で作者が述べているように、炎上すればするほど、自分に合う人は着いて来て、自分が嫌いな人は勝手に離れていくように思う。これは炎上を通じて、私自身が痛烈に痛感している。

炎上 鳥

 

炎上を通して学んだ事、得られる発言力

炎上した当初はTwitter上である程度発言力を持っていた。世間一般ではこれってどうなの!?と思う本音を投げかけると、あからさまに呷ってくる人たちもいた。もう炎上したくないという思いもあって自分の本音を発言する機会が減ったきた様に思う。

本書では炎上に耐えうる精神を持ち、炎上を通して得る事の多さを伝えてくれた。本音を発言することで、反発する人が多い中で、一部の好意的な人たちを掴めるチャンスなのだ。

勇気を持ってOn The RoadとTwitterを通して本音を発言し、やりたいことを実行に移していきたい。これからも宜しくお願いします。

【武器としての書く技術 – イケダハヤト】ブロガーに捧ぐ心構えと文章力の指南書
本書はブロガーの基礎となる心構え、記事を書く文章力の指南書である。騙されたと思って、全てのブロガーに一読して頂きたい。イケダハヤトというと巷では有名なブロガーで、ブログだけで年収500万円を達成しているプロだ。本書から得たブロガーの心構えや文章力をまとめてみた。
ブロガー必見!せっかくブログを書くなら知識を習得しながら書こう!
私はただ単にブログを書くだけでなく、自分自身にも何かしらのメリットがあるよう、できるだけ記事に関して知識を習得するように工夫して書いてきました。人それぞれブログを書くスタイルは違うと思いますが、私のスタイルがブロガーの方々の参考になれば嬉しいです。知識を習得しながらブログを書く方法について紹介しています。
全ての海外旅行&世界一周ブロガーに捧ぐ!今あるブログで稼ぎながら旅する方法!
全ての海外旅行&世界一周をしながらブログを書いている「旅ブロガー」に本記事を捧げる。これからブログを立ち上げて海外旅行や世界一周をしようとしている人にも本記事は有効だ。ネットの知識なんてなくても大丈夫。私の紹介する5つのステップを踏めば、今あるブログがマネタイズされ、稼ぎながら旅することができるはずだ。






友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

Another

【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

[amazonjs asin="4041000009" locale="JP" title=

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

クラインの壷

【クラインの壺 – 岡嶋二人 】元祖バーチャルリアリティを扱った驚愕トリック

1989年に初出版されたバーチャルリアリティを題材にした本書。20年以上前に出版されたにも関

記事を読む

イニシエーション・ラブ

【イニシエーション・ラブ – 乾くるみ】最後から二行目に隠される衝撃の真実

2004年4月1日発行にも関わらず、最近どこの書店に行っても「イニシエーション・ラブ」をよく

記事を読む

哲学 考える人

【超訳「哲学用語」事典 – 小川仁志 】哲学用語を体系的に学べる辞典

超訳「哲学用語」事典は哲学用語を体系的に学べる「哲学用語辞典」である。こういうものを私は探し

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑