モロッコの迷路のような雑踏「スーク」が予想以上にカオス!

モロッコの迷路のような雑踏「スーク」が予想以上にカオス!

 

モロッコの各街には「スーク」とよばれる場所がある。スークとは市場のことを指し、様々な雑貨、食材、伝統工芸品、お土産など国中にある全ての品物が集結している。

スークは主にムスリム圏で使われる言葉だ。今までに様々なスークに行ってきたが、モロッコのスークは他の国のスークと比べるとに一線を画す。なんといってもその迷路のような雑踏は、一度入ってしまったら迷子になって出てこれないような混純とした場所である。新宿駅よりも難易度が高い。

モロッコのすぐ北にはスペインがある。アフリカの玄関口ともされるモロッコは、ヨーロッパとアフリカの文化が入り混じる。昔は、商業をするために色々な物を乗せたキャラバン隊が、サハラ砂漠を超えてモロッコを目指した。

モロッコの主要都市であるマラケシュ、フェズ、カサブランカ、タンジェや他の都市でもスークは存在する。そんなモロッコの迷路のような雑踏「スーク」を写真と共に紹介していく。

Maroc_Marrakech_Jemaa-el-Fna_Luc_Viatour

 

それでは、塔(ミナレット)と門を抜けてスークに入ってみよう!

モロッコの各都市はメディナとよばれる旧市街と新市街に分かれていて、スークは旧市街にある。どのスークにも、入り口には街のシンボルとなる高い塔と歴史ある門がある。

スークに行こうと思ったらまずは、この高い塔を目指せばいい。この塔はミナレットと呼ばれる、イスラム教の礼拝の時間をお知らせするためのスピーカーだ。

イスラム教徒は1日5回礼拝しなくてはならなくて、その時間が来る度にミナレットからお知らせの合図が流れる。このお知らせはアザーンと呼ばれる。

P1070573

P1070578

 
 

スークに入ったらそこには、迷路のような雑踏が!

写真を見てわかるように、そこには雑踏が広がっている。思いのままに歩いてもいいし、お気に入りの品を探しながら歩いてもいい。

疲れたら屋台がたくさんあるので、コーヒーやフルーツを食べて休憩をしてもいい。モロッコはオレンジが取れるので、オレンジジュース屋さんがいたるところにある。

また、店だけではなく果てしない数の催し物がある。スークに来ている人たちが勝手にやっているイベントだ。ボクシング、手品、ゲーム、伝統ダンス、カラオケなど、現地の人たちが好き勝手に色々なことをしている。

P1070585

P1070595

P1070558

P1070535

 
 

夜のスークが真骨頂!昼と違いスークはもっとカオスに!

夜のスークは、それはもう見たことないくらい混沌としている。そこら中でダンスやら伝統楽器の音楽が聞こえてきて、店の人たちは観光客を引きとめようと大声で叫んでいる。

夜のスークを散歩する時は、貴重品に気をつけたほうがいい。昼と違い人の数は増え、明かりがないところもあるので注意しよう。貴重品を持ち歩かないようにすれば危険ではないので、夜のスークは必ず行こう。

P1070557

P1070542

P1070541

 
 

モロッコにいる間は毎日スークに出かけ、モロッコを感じよう!

モロッコの記事は他国の記事に比べて写真が多い。何故かというと、言葉では表せないようなカオスな場所は、写真で見せた方がインパクトがあるからだ。

スークに行けば歩いてるだけで現地の人から再際なく話しかけられるので、いやでも現地の人と交流ができる。アフリカは病気や犯罪が横行していて、アフリカで一番安全に観光できる国がモロッコと呼ばれている。

2番目にアフリカで安全なのがエジプト。この国もアフリカの魅力がつまったような国なので、合わせて読んでみると面白い。

スフィンクスは本当にケンタッキーフライドチキンを見つめていた!
何年も前にフジテレビの「トリビアの泉」でスフィンクスの見つめる先には、ケンタッキーフライドチキンがあるとのトリビアが披露されていた。古代の歴史を誇るスフィンクスと現代の象徴ともいえるファーストフードのマッチング。その当時、いつか実際に行って確認したいなと思っていたが、ようやくそれが実現できた。
黒砂漠・白砂漠・クリスタルマウンテンを堪能できるバフレイヤオアシス
エジプトから南西へバスで5時間行った所にバフレイヤオアシスがある。まるで火星のような黒砂漠、 辺り一面真っ白の白砂漠、キラキラと光るクリスタルマウンテン、満天の星空に変貌する砂漠の夜。思い出に残る砂漠での日々を記事にしてみた。
エジプトのダハブは世界一安くスキュバーダイビングのライセンスが取れる
日本でスキューバダイビングのライセンスを取得しようとすると、値段がとにかく高い。そこで私は旅行中に、世界一安くスキュバーダイビングのライセンスが取れる街、エジプトのダハブでライセンスを取得すると決めていた。実際にライセンスを取得してみた感想や価格などを紹介します。

 

一番行きやすいアフリカの国モロッコ、もし行く機会があれば毎日スークに繰り出し、自分の肌でモロッコを体感してほしい。

ちなみに、私は前からモロッコに憧れていた。私に旅するきっかけを与えてくれたローバートハリスと、本サイトのタイトル「On The Road」の著者ジャックケルアックの、モロッコでの生活に魅力を感じたからだ。

バックパッカーで世界一周に旅立つことにした3つの理由
世界一周に必要な資金(150万円)を貯金できたので、後は出発に向けて準備をするだけだ。さてここでは、なぜ世界一周に旅立つことを決意したのか、その3つの理由を記述していきたい。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑