生物学的観点からみて閉経後の女性に価値はあるのか

生物学的観点からみて閉経後の女性に価値はあるのか

 

今回は、物議を醸しそうな話題に触れてみる。タイトル通り「生物学的観点からみて閉経後の女性に価値はあるのかについて考えてみたい。

そもそも閉経とは、卵巣における卵胞の消失による永久的な月経の停止である。分かりやすく言い換えると子供を産めない体になってしまったということだ。日本人の閉経年齢は平均50歳で閉経を迎える。

ちなみに男性は死ぬまで射精をする事が出来る。つまり、生きている間はずっと子孫を残し続けることが事実上できるのだ。

受精

 

生物は種を絶滅させない為に進化し続けている

進化論を肯定するのであれば生物は種を永続させるため、気候変動に対応するために進化し、食物連鎖を繰り返してきた。人間以外の生物には受精後に役目を果たして死滅するものもいるし、受精するためだけに生きている生物もいる。

人間はどうであろうか。種を残す為ではなく快楽の一つして行為を楽しんでいるのではないだろうか。

生物学的観点から見ると、受精できない生物は果たしてどういった理由で生きていくべきなのだろうか。

 
 

子供を成長させるために親は面倒をみなければならない

子供が子孫を作れる年齢になるまで成長を見届ける、これは生物学的にも理にかなっているだろう。

子供が大人になる段階で親が死亡する年齢、つまり50歳での寿命が丁度良いと考えられる。閉経を迎える年齢と同じである。人間以外の生物を調べてみたところ、子供が大人になる年齢で寿命を迎えるケースが多かった。

 
 

日本の平均寿命は83歳とされている、これは孫が大人になる年齢だ

日本の平均寿命を調べてみると丁度、孫が大人になる年齢と重なりあう。これは閉経後であっても孫の成長を見届ける義務があるのではないかと考えた。世代の違う考え方や価値観を孫に伝え、見守られた孫は種を継承し次の種へと永続的に繋げていくのだ。

進化論

 

子供を愛さない親が多いr戦略(子供をできるだけ多く残す)時代
生物学的な観点から親について考えてみたい。生物が子孫を残すための戦略には二通り存在する。それは「r戦略」と「K戦略」だ。人間は子孫を残すために、この2つの戦略の間で選択を迫られてるといっても過言ではないだろう。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

輪廻天性

生物学観点から輪廻天生を捉えると、死んだら殆どの確率で線虫になる

輪廻転生を辞書で調べると下記の内容になる。 人が生まれ変わり、死に変わりし続けること。仏教語。

記事を読む

世界最小の生物と世界最大の生物を調べてみました!

世界一○○な物や、未だ解明されていない物を調べるのが大好きだ。以前も温度の上限と下限を調べたことがあ

記事を読む

絶対零度 南極

温度の下限と上限は一体何度?絶対零度からビックバンまで解説します

温度の上限と下限があるのか調べてみました。こう言った日常生活に役立たない知識であっても、知ってみると

記事を読む

子供

子供を愛さない親が多いr戦略(子供をできるだけ多く残す)

子供を愛さない親、子供に無関心な親、愛情を貰えない子供は、大人になってから心的外傷や精神疾患を煩う可

記事を読む

Google Lunar XPRIZE

月面無人探査レース「Google Lunar XPRIZE」とは何か!?

科学技術の向上に寄与することを目的として設立されたXプライズ財団とGoogleがタッグを組んで、

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑