北野武の映画10選まとめ!世界のビートたけし!

北野武の映画10選まとめ!世界のビートたけし!

 

日本では北野武監督のことを「世界のキタノ」を呼ぶことがあるが、この呼び方はあながち間違いではない。世界を旅していると、現地の人や海外の旅行者に「キタノの映画は良い」と絶賛されることがある。中でも熱狂的なファンは「キタリスト」と呼ばれている。

中には携帯電話の待ち受けにしていた人や、実際に映画賞に参加して北野武の生の姿を見た人もいた。私は今まで北野武監督の映画を1作品も見たことがなかったが、日本が誇る「世界のキタノ」は一体どういった映画を残しているのか気になった。

「日本人なのになんでキタノの作品を見てないんだ?一緒に見よう!」と誘われ、座頭市を外国の方と一緒に見て感動した。それから北野武監督に魅了されたので、北野武が監督&出演している映画を殆ど見た。

そこで今回は、「世界のキタノ」こと北野武監督の映画を10選してまとめた。これさえ見れば、あなたも「世界のキタノ」と呼ばれる所以を理解し、北野武監督の作品の虜となること間違いなしだろう。

それでは、これだけ見れば世界のキタノが分かる!北野武監督の映画10選まとめ!を古い順に見ていこう。

 

ソナチネ(1993年)


北野武が海外で評価された最初の映画がソラチネだ。色にごだわりを持っている北野武がよく使う色は青色。この青色には登場人物の心情が投影されていて、その美しい青から「キタノブルー」とも呼ばれる。

ヤクザの物語で舞台は沖縄。紙相撲、最後に突然訪れる結末、キタノブルーなど10作品の中でも最も印象が強い映画だ。世界へ羽ばたくきっかけとなった映画だけに、この作品が一番好きだと上げる人が多かった。

タオルミナ国際映画祭 グランプリ、コニャック国際映画祭 批評家賞

 

キッズ・リターン(1996年)


青春時代のノスタルジーに浸れるキッズ・リターン。高校卒業後、社会へと出る青年達の葛藤を描いた作品だ。誰もが体験する青春時代の心情をうまく表現していて、社会へ出る際に生じる様々な葛藤は、まるで過去の自分を見ているかの様だった。

青年から大人になるには様々な障壁が立ちはだかるが、主人公の「まだ始まってもいねえよ」という発言の通り、これから始まる大人の世界への希望も表現している。これから大人の仲間入りする人は絶対に見よう。

第39回ブルーリボン賞 監督賞、第6回日本映画プロフェッショナル大賞 監督賞

 

HANA-BI(1998年)


HANA-BIは芸術的な作品である。作中に度々、北野武が描いた絵が登場したり、音や色などに凝っているなと感じさせる作品だ。北野武の作品は暴力的なシーンが多く、そのシーンは突然やってくるので常に緊張感がある。

HANA-BIは、暴力的なシーンがもたらす緊張感と「静」がうまく調和していて、北野武監督らしい作品に仕上がっている。

第54回ヴェネツィア国際映画祭 金獅子賞、ニューヨーク国際映画祭 国際映画賞、サンパウロ国際映画祭 批評家賞、第10回ヨーロッパ映画賞 スクリーン・インターナショナル賞、第41回ブルーリボン賞 作品賞・監督賞・主演男優賞

 

菊次郎の夏(1999年)


下記のYoutubeでも流れているが、菊次郎の夏のテーマ曲(Summer-久石譲)は誰もが聴いたことがあるだろう。キッズ・リターンと同じくノスタルジーに浸れる作品であり、本作品はコメディー要素が強い。

至る所にビートたけしの芸人魂を思わせるような仕掛けが施されている。北野武と子供が旅にでるストーリーで、旅中に起こるハプニングの数々には、思わず声を出して笑ってしまうシーンも多々あった。

 

BROTHER(2001年)


舞台はアメリカ。タイトルのBROTHER=兄弟は、日本とアメリカの友好関係をうまく表現している。日本を追われたヤクザがアメリカに逃亡し、アメリカのヤクザと一悶着が起きるといった内容だ。

「ANIKI」「ファッキンジャップぐらいわかるよ、この野郎!」など印象に残るセリフが多い。英語が分からない主人公は、アメリカのヤクザと会話をすることができないが、ヤクザという共通点から日に日に仲良くなっていく。

最後の「I love you, ANIKI」というセリフは涙なしでは見れないだろう。

 

Dolls(2002年)


北野武監督の作品の中で最も評価が分かれる作品だ。美しい日本の景色を背景に、ひたすら主人公が歩く。そこに、周りで起きる3つのエピソードが混じり合っていく。

映像美と愛に溢れた作品で、それ以外の要素は全て取り除かれている。なのでセリフは極端に少なく、あまり物語は進まない。本作品はエピソードを楽しむのではなく、純粋に映像美と愛を感じて欲しい。

ダマスカス国際映画祭 最優秀作品賞

 

座頭市(2003年)


北野武監督の映画で一番有名な作品が座頭市だろう。盲目のサムライを演じる北野武の姿には覇気がある。本人の発言通り、本作品は海外で受けが良くなるように作り込まれている。

最後のシーンで登場するタップダンス、サムライ同士の刀を交えるシーン、サケ、ゲイシャなどなど。古き良き日本としてのイメージを前面に押し出すことに成功したので、海外で数々の賞を受賞して有名になった。

第60回ヴェネツィア国際映画祭 銀獅子賞、第33回シッチェス・カタロニア国際映画祭 グランプリ、第26回トロント国際映画祭 観客賞、第27回日本アカデミー賞 編集賞

 

アキレスと亀(2008年)


北野武監督らしくない映画だ。主人公の画家が世間で認められるまでの葛藤を描く作品。暴力シーンが殆どなく、「芸術とは何か」がテーマである。

世間に認められるべく様々な芸術に挑戦する主人公、長い月日が経つも自分の作品が認められない焦燥。子供の頃から死ぬまでの全てを、芸術に捧げる主人公の心情表現がうまい作品。

ソフィア国際映画祭 観客賞

 

アウトレイジ(2010年)


アウトレイジは日本のヤクザ抗争を描いた作品だ。かなりグロテスクなシーンが多く、そんなシーンが突然やってくるので、緊張感を持って見なければならない。

豪華な俳優ばかりが出演していて、正に本作品のキャッチコピーである「全員悪人」を演じている。暴力的なシーンが多いのでR15指定されている。

 

アウトレイジ ビヨンド(2012年)


アウトレイジの続編であるアウトレイジビヨンド。アウトレイジの強化版とも言える作品で、バイオレンスなシーンや暴言のオンパレードである。なのでアウトレイジと同様にR15指定だ。

キャッチコピーは「全員悪人 完結。」「一番悪い奴は誰だ?」。その通り豪華俳優陣が一番悪い奴を決めるべく、抗争を繰り広げている。

第22回日本映画批評家大賞 監督賞

 

期間限定!映画視聴し放題の無料キャンペーン!!

期間限定!音楽&映画視聴し放題の無料キャンペーンを実施している2つのサービス!
ちょうど今、音楽&映画の視聴し放題無料キャンペーンをしている2つのサービスがある。本サービスを活用すれば、好きな音楽をいつでも聴くことができ、気になる映画をいつだって視聴することができる。その2つの無料サービスガどういったものかを紹介していきます。

 

映画に関するその他の10選!

旅映画10作品!海外旅行・バックパッカーがしたくなる!
友人からの紹介やネットでの評判から、有名どころのロードムービー・旅系の映画を一通り見た。そんなぼくが選んだ海外旅行・バックパッカーがしたくなる旅映画10作品! 全てを投げ出して旅に出たくなる映画を10本集めました。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

なにこのPV、絶対頭おかしい…【 Daibutsu Hands – shabushabu】

度肝を抜かれた。もうなにこれ言わず下の動画を見て欲しい。こんな気が狂ったPVは今までみたことがない。

記事を読む

TEDxTokyo

TEDxTokyoのフラッシュモブで渋谷を赤傘集団がジャック!

2014年5月5日(月) 渋谷のスクランブル交差点を渡った人は知っているのではないだろうか。午前、午

記事を読む

世界史

【世界史20話プロジェクト】と【映像の世紀】で世界史を勉強しよう!

テスト前で世界史を勉強する学生、海外旅行へ行くから現地の歴史を勉強したいという人、社会人でもう一度世

記事を読む

映画

旅映画10作品!海外旅行・バックパッカーがしたくなる!

友人からの紹介やネットでの評判から、有名どころのロードムービー・旅系の映画を一通り見た。そんなぼくが

記事を読む

フラッシュモブ動画まとめ・日本国内10選!

フラッシュモブとは、インターネット上や口コミで呼びかけた不特定多数の人々が申し合わせて雑踏の中の歩行

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑