ラトビアの首都リガを屋根から見守る猫ちゃん!観光してみよう! | On The Road

ラトビアの首都リガを屋根から見守る猫ちゃん!観光してみよう!

 

バルト三国の真ん中に位置するラトビアの首都リガ。このリガにて微笑ましくて可愛い猫ちゃんがいたので紹介しよう。猫と言っても生きている猫ではなくて、三角屋根の上にちょこんと乗っかっている黒猫の銅像だ。

ちなみに猫の銅像が乗っかっている家の名前は「猫の家」と呼ばれている。リガの観光名所になっているので、本記事を読んでリガに行く機会がある人は足を伸ばしてみよう。

 

猫の家を知るためにギルドを理解しよう!

今回紹介する猫の家だが、単なる猫のいる家ではなくて歴史がある。それを知るためにまずはギルドという言葉の意味を理解しておこう。

ギルドとは中世から近世にかけて、ヨーロッパの商工業者たちで結成された組合を指す言葉だ。排他的な組合を作り、営業の独占を図るためにメンバーが集められた。

しかし17世紀以降は、自由化の流れに乗ってギルド文化が衰退していってしまったのだ。

最近ではオンラインゲームやソーシャルゲームでギルドというキーワードが使われるようになったが、元々は商工業者たちの組合を指す言葉だったのだ。

それではギルドと「猫の家」がどう関係するのだろうか、早速見ていこう。

Governors_of_the_Wine_Merchant's_Guild

 
 

さて、猫の家を観光してみよう!猫ちゃんに癒されてねん!

猫の家は、ラトビアの首都リガにある旧市街に存在する。屋根の上の端と端に二匹の黒猫ちゃんが鎮座しているのだ。それでは、先程解説したギルドがどう関係していくか見ていこう。

リガには当時、ドイツ人が作ったギルドがあった。というのもリガの旧市街は12世紀にドイツ人によって作られたので、ドイツよりもドイツらしい街並みと呼ばれることもある。

しかしドイツ人のギルドはドイツ人限定のため、現地のラトビア人は入会することを許されなかった。

それに腹を立てたラトビア人、自宅の屋根の上に黒猫の銅像を取り付けた。ドイツ人のギルド会館にお尻を向けた猫を取り付けることで、怒りをあらわにしたんだそう。

そう、この猫ちゃんはリガを見守っているのではなくて、ドイツ人に対する怒りを表現したものだったのっだ。

その後に家主のラトビア人は長い裁判を経て、結局ギルドに入ることが許されたのだ。なので猫の向きは今ではギルドの会館を向いている。

それでは一体どんな猫ちゃんなのか写真と共に紹介していこう。尻尾も持ち上げてフンッとした姿がなかなか可愛いので、癒されること間違いなしだ。

 

それでは猫ちゃんを探しにリガを探検しよう!ちなみに後ろに見えるのは、ギルドの会館だよ!

それでは猫ちゃんを探しにリガを探検しよう!ちなみに後ろに見えるのは、ギルドの会館だよ!

 

どこにいるのかなあ、それにしてもリガの街並みは綺麗でいいねえ!

どこにいるのかなあ、それにしてもリガの街並みは綺麗でいいねえ!

 

お、もしやあそこに見えるのは!

お、もしやあそこに見えるのは!

 

見つけたあああ、両端にいるねえ!

見つけたあああ、両端にいるねえ!

 

ちょこんっと乗っかていて可愛い!

ちょこんっと乗っかていて可愛い!

 

いたー!!

いたー!!

 

いかがでしたでしょう。ラトビアは「バルト海の真珠」「バルトのパリ」と呼ばれるほど綺麗な街なので、観光していて楽しくなる。ぜひ、観光している最中は猫を探しながら上を向いて歩こう!

 

IT大国エストニア!日本のマイナンバー制度もここまでできる!
バルト三国の一番北に位置する人口130万人のエストニア。この小国エストニアがなんと、世界を代表するIT大国だと皆さんご存知だろうか。それでは何故、人口130万人のエストニアがIT大国として成長できたのか、エストニアで起きているe-Estoniaの全貌、日本が見習うべきマイナンバー制度について本記事にて解説していきたい。
杉原千畝が命のビザを発給したリトアニア!首都には記念碑がある!
第二次世界大戦中にナチスドイツに迫害されたユダヤ人に対して、杉原千畝(すぎはらちうね)は訓令に反してビザを発給し続けた。ビザは6,000人に発給され、その全ての人の命が守られた。そんな命のビザを発給した舞台は、バルト三国の一番下に位置するリトアニアという国だ。
バルト三国を旅行するならこれを読め!エストニア・ラトビア・リトアニア
バルト三国のエストニア・ラトビア・リトアニアの三ヶ国の記事をここにまとめた。これからバルト三国へ旅行する人、バルト三国に興味がある人は本記事を役立てて欲しい。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑