世界最小の生物と世界最大の生物を調べてみました!

世界最小の生物と世界最大の生物を調べてみました!

 

世界一○○な物や、未だ解明されていない物を調べるのが大好きだ。以前も温度の上限と下限を調べたことがある。今回は、世界最大の生物と世界の最小の生物を調べてみた。

温度の下限と上限は一体何度?絶対零度からビックバンまで解説します
温度には下限と上限があるの?一番温度の低い「絶対零度」から温度が高い「ビックマン」までを、熱ができる仕組みを紐解き解説していきます。

 

世界最小の生物「シアワセモ」

どこの国にも存在する生物。しかもそれを身近で見ることができる。世界最小生物は藻の一種「シアワセモ」だ。この藻の大きさは直径20〜30マイクロメートル。以前から存在は知られていたが、東大の教授が細胞分裂を発見して、生物として認められた。

そして、「シアワセモ」という何とも形容し難いネーミングであるが、これは、下の写真を見て頂ければ一目瞭然だろう。四つの細胞からなる「シアワセモ」は、四葉のクローバーを彷彿とさせる。日本人らしいネーミングだ。映像も残されているので是非見て欲しい。

シアワセモ

https://www.youtube.com/watch?v=9GB7LmMsxzw

 
 

世界最大の生物「粘菌」

世界最大の生物の長さは、数キロにも渡る。想像できるだろうか、それは粘菌だ。粘菌は、森や枯れ葉の下に生息している。微生物を食べて吸収し、大きさや形を変えながら成長していく。世界最大の粘菌はカナダの湿地帯の地下に生息している。具体的な大きさは計測はできていないが、数キロにも及ぶと言われている。

粘菌

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

絶対零度 南極

温度の下限と上限は一体何度?絶対零度からビックバンまで解説します

温度の上限と下限があるのか調べてみました。こう言った日常生活に役立たない知識であっても、知ってみると

記事を読む

子供

子供を愛さない親が多いr戦略(子供をできるだけ多く残す)

子供を愛さない親、子供に無関心な親、愛情を貰えない子供は、大人になってから心的外傷や精神疾患を煩う可

記事を読む

アインシュタイン

重力波初観測!相対性理論を裏付けるノーベル賞級の大発見!!

MITの研究チームが宇宙の謎を捉えた!138億年前のビッグバンで生じた「重力波」を発見したのだ!!未

記事を読む

Google Lunar XPRIZE

月面無人探査レース「Google Lunar XPRIZE」とは何か!?

科学技術の向上に寄与することを目的として設立されたXプライズ財団とGoogleがタッグを組んで、

記事を読む

輪廻天性

生物学観点から輪廻天生を捉えると、死んだら殆どの確率で線虫になる

輪廻転生を辞書で調べると下記の内容になる。 人が生まれ変わり、死に変わりし続けること。仏教語。

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑