ベネルクス三国はEUの前身!?旅行・観光する前に読んでおこう!

ベネルクス三国はEUの前身!?旅行・観光する前に読んでおこう!

 

ベネルク三国は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国の集合体やエリアを指す。ベネルクス三国は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの最初の文字が取られた名称だ。B(Belgique)、N(Nederland)、Lux(Luxembourg )を合わせてBenelux(ベネルクス)となっている。

三国共に日本と同じ立憲君主制を採用していて、面積は北海道くらいしかない。しかし、ベネルクス三国はEUの前身になった歴史があったり、ヨーロッパの中心という立ち位置があるので、ヨーロッパにとって大事な三国なのだ。

なんといってもベネルクス三国を知るには、EUの前身になったベネルクス関税同盟は欠かせない。そこでベネルクス関税同盟がどのようにEU発足に繋がったのか、合わせてベネルクス三国の旅行・観光記事をまとめてみよう。

 

ベネルクス関税同盟はEUの前身!

EUの前身になったベネルクス関税同盟についてみていこう。ベネルクス関税同盟は1948年にベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3国で作られた関税同盟だ。

三国間の関税を廃止して、対外的に共通の関税を設立した。このベネルクス関税同盟が周りのヨーロッパの隣国を巻き込んでいく。ベネルクス関税同盟(ベルギー・オランダ・ルクセンブルク) → ECSC(ヨーロッパ石炭鉄鋼共同体) → EEC(ヨーロッパ経済共同体) → EC(欧州共同体) → EU(欧州連合)、という流れで今のEUが確立されたのだ。

ベネルクス関税同盟の頃は三国間の関税の撤廃というテーマだったが、ヨーロッパは紛争や第二次世界大戦で軍事が絡む争いごとが絶えなかったので、国を跨いで自由に行き来ができ、ユーロという共通通貨を導入して、経済を依存させ、相互依存することで争いごとを回避させようと動きから、EUという巨大な組織が発足した。

EUが発足してから紛争や戦争は、ヨーロッパでは殆ど起きなくなった。どこかに紛争や戦争をふっかけようとしても、経済が相互依存しているため自国にダメージがあると分かっているからだ。

EUの本部がベルギーの首都ブリュッセルに置かれているわけは、ベネルクス関税同盟の本部がその当時からブリュッセルにあったからだ。過去も今でも、ブリュッセルがヨーロッパの中心であることは変わらないのだ。

 

ベルギーを旅行・観光してみよう!

ベルギーの首都ブリュッセルにはゴディバ本店がある!
ゴディバ(Godiva)本店は、ブリュッセルの中心グランプラスの目の前にある。ブリュッセルの観光名所といえば、グランプラスなので行ったことがある人は馴染みの場所だろう。そんなグランプラスの目の前にある、ゴディバ(Godiva)本店へ行ってきたのでレポートしていこう。

 

オランダを旅行・観光してみよう!

なぜオランダで風車が発展したのか!?その理由に迫る!
オランダといえばチューリップ、ミッフィー、ゴッホ、フェルメール、チーズなどが有名であるが、なんと言っても一番有名なものは風車であろう。そんなオランダの一大観光とも言える風車が、なぜオランダで発展したのか、その理由を探りながら美しい風車の数々を見ていこう。

 

ルクセンブルクを旅行・観光してみよう!

ルクセンブルクの3つの観光名所まとめ!
ヨーロッパの小国ルクセンブルクの3つの観光名所をまとめました。観光客は中々訪れない国と言ってもいいですが、今回私は旅行してきたので、これからルクセンブルクへ行く人にオススメの記事です。

 

ベネルクス三国を旅行・観光してみよう!

EUの前身になったベネルクス関税同盟について、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの旅行・観光についてまとめてみました。ヨーロッパの観光名所というと、ロンドンやパリなどが真っ先に思い浮かびますが、ヨーロッパの中心であるベネルクス三国へこれを機会に行ってみてはいかがでしょうか。

三国共に小国ですので、どの国も1日あれば観光することができます。1週間あれば3国を周るのに十分すぎるほどです。地球の歩き方にはベネルクス三国がまとまって一冊になっているので、これを持って観光してみましょう。

 

その他の旅行・観光まとめ記事!

イギリスを旅行・観光するならこれを読め!4つの連合国まとめ!
イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。私は4つの地域の隅々まで旅行をして、色々と得た知識や経験などがあるので、その実体験をもとにイギリスを旅行する観光客へ向けて本記事を書いた。
イベリア半島を旅行するならこれを読め!スペイン・ポルトガル・ジブラルタル
ヨーロッパ南西に位置し、ユーラシア大陸の最西端、ジブラルタル海峡の向こうにはアフリカ大陸、地中海と大西洋を分断しているのがイベリア半島だ。ヨーロッパの中でも気候が温暖で過ごしやすいエリアである。イベリア半島にある、スペイン・ポルトガル・イギリス領土ジブラルタルに行ってきたので、その総集編として本記事にまとめてみた。
チェコスロバキア&オーストリアハンガリーを旅行するならこれを読め!
かつて同じ国だったチェコスロバキア&オーストリアハンガリーの記事をまとめてみた。ここのエリアを旅行したい、ここのエリアに興味がある人向けにまとめた記事なので、ぜひ読んでみて欲しい。
スカンジナビア半島・北欧を旅行するならこれを読め!
スカンジナビア半島にある北欧4か国、フィンランド、スウェーデン、ノルウェー、デンマークへ旅行する予定のある人、このエリアに興味がある人向けに記事をまとめた!
バルト三国を旅行するならこれを読め!エストニア・ラトビア・リトアニア
バルト三国のエストニア・ラトビア・リトアニアの三ヶ国の記事をここにまとめた。これからバルト三国へ旅行する人、バルト三国に興味がある人は本記事を役立てて欲しい。
バルカン半島&ユーゴスラビアを旅行するならこれを読め!全11カ国まとめ
バルカン半島&ユーゴスラビアの全11カ国を1ヶ月半に渡って旅行してきたので、その総集編としてこの地域を旅行する方々向けに、効率的に各国を周る経路、各国の歴史や観光名所などをまとめてみました。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑