南米・南アメリカを旅行するならこれを読め! | On The Road

南米・南アメリカを旅行するならこれを読め!

 

南アメリカこと南米は地球の陸地面積の12%を誇り、日本の裏側に位置する大陸だ。そんな南米・南アメリカへ数ヶ月ほど滞在して周遊してきたので、その内容をここにまとめている。

これから南米へ旅行へ行く予定の人、南米に興味がある人はここに掲載している記事を読むと知識をつけられるだろう。あまり日本人の観光客が多いとも言えない南米ではあるが、世界的に有名な世界遺産や壮大な自然に恵まれている。

なので、本記事を読んで少しでも多くの人が南米に対する知識を増やしてくれると幸いだ。

南米には下記の国が存在する。全ての国を知っている人は中々いないだろう。カッコの中は各国の首都名。

ガイアナ(ジョージタウン)、スリナム(パラマリボ)、コロンビア(ボコタ)、エクアドル(キト)、ベネズエラ(カラカス)、ペルー(リマ)、ボリビア(スクレ)、チリ(サンティアゴ)、アルゼンチン(ブエノスアイレス)、ウルグアイ(モンテビデオ)、パラグアイ(アスンシオン)、ブラジル(ブラジリア)

南米は南に行くほど治安が良いと言われていて、特に南米の北に位置するガイアナ(ジョージタウン)、スリナム(パラマリボ)へ旅行に行く人は殆どいない。

マチュピチュ、ナスカの地上絵、イグアスの滝などの世界遺産はペルーやブラジルなどの一度は聞いたことがある国に存在する。本記事では南米の中でも治安が良く、日本人でも簡単に旅行がしやすい、ペルー、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、パラグアイ、ブラジルの記事をまとめている。

南米は広大な面積を誇る割には、高速鉄道やLCCが通っていないので、基本的にバスで移動することになる。なので、南米の観光名所を周るのであれば数ヶ月かけて旅行するのをお勧めする。

ちなみに、私は下記のルートで南米を旅行した。このルートであれば南米には欠かせない、マチュピチュ、ナスカの地上絵、ウユニ塩湖、パタゴニア、イグアスの滝を周ることができるのでお勧めだ。

世界一周ルート!
世界一周ルート!

スクリーンショット 2016-04-09 11.19.16

 

南米・南アメリカの歴史!

南米大陸を最初に発見したのは、イタリアのジェノバで生まれたコロンブスです。インドを発見するべくポルトガルから西回りで出航したコロンブスは、インドを見つけるはずもなく1492年にパナマに到着しました。

しかし、コロンブスは南米ではなくインドと最後まで勘違いしていたので、今でも南米の先住民のことは英語でインディオと呼ばれています。

インカ文明やマヤ文明などが発展していた南米大陸ではありますが、1500年代にスペインが南米全体を統治することにより滅亡しました。このスペイン統治時代の名残で、南米の公用語は今でもスペイン語です。

しかし、ブラジルだけポルトガルの統治に置かれたので、母国語がポルトガル語になっています。観光地であれば英語を話せる人は必ずいるので、あまりスペイン語やポルトガル語が話せないからといって不安になることはありません。

南米の人たちは底抜けの明るい性格を持っています。街を歩いてると笑い声が聞こえてくることも多く、バーなどにいると「日本人か?」と気さくに話しかけてきてくれます。

また、南米は第二次大戦後以降でフォークランド紛争以外に大きな紛争や戦争は起きていません。これは南米の人たちの底抜けに明るい性格や、反米精神による連帯感ができているのかもしれません。

それでは、各国の記事を見ていきましょう。

25a9650d8df92213e3ed2dc95674e563

 

マチュピチュとナスカの地上絵のペルー!

マチュピチュ村は日本そっくり!?なんと初代村長は日本人だった!
マチュピチュの麓にあるマチュピチュ村、なんとその初代村長が日本人だった事実をご存知だろうか。それでは、マチュピチュ村と初代村長の野内与吉を深掘りしていこう。
マチュピチュの謎に迫る!未だ解決されていない3つの謎!?
マチュピチュといえばペルーの標高2430mという山奥にある、インカ帝国の空中都市だ。1年中世界中から観光客が訪れているが、そんな観光名所となっているマチュピチュには昔からたくさんの謎が多く存在する。そしてその殆の謎は解決に至っていない。
ナスカの地上絵の謎に迫る!描かれたその3つの理由とは!?
なぜナスカの地上絵は描かれたのでしょうか。その理由は実は謎のままで、「地下水路説」「宇宙船発着場説」、「農暦説」、「公共事業説」、「雨乞いの儀式説」、「宇宙との交信説」、「死者の葬儀埋葬説」、など様々な見解はありますが、未だに謎のまま残っています。

IMG_0815

 

ボリビアには世界の絶景であるウユニ塩湖!

ボリビアのウユニ塩湖の写真を見よ!これが世界の絶景だ!
学生の卒業旅行や新婚旅行、世界一周のルート作成では、必ずと言っていいほどボリビアのウユニ塩湖が出てくるようになった。そこで今回は実際に私がボリビアのウユニ塩湖に行って絶景を堪能してきたので、そそこで撮ってきた美しすぎる絶景の写真を紹介します。

thumb_IMG_2066_1024

 

世界一綺麗な星空が見えるチリ!

アタカマ砂漠で世界一綺麗な星空を見よう!
世界一綺麗な星空が見れるアタカマ砂漠(Desierto de Atacama)は、チリ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンの4か国を跨ぐ南北が1,000kmにも渡る広大な面積を誇っている。アタカマ砂漠で世界一綺麗な星空が見られるという理由は、標高と乾燥にある。

One_Picture,_Many_Stories,_(Atacama_desert,_Chile_sky)

 

南米でペンギンが見たいならアルゼンチン!

マゼランペンギンを見にバルデス半島へ行こう!
野生のマゼランペンギンを間近で見たいなら、アルゼンチンのバルデス半島へ行こう。バルデス半島はアルゼンチンの首都ブエノスアイレスから1,400km程南に下った半島で、貴重な野生動物が多いため半島の大半はユネスコの世界遺産に登録されている。

IMG_1268

 

ウルグアイには世界一貧しい大統領がいる!

ウルグアイの首都モンテビデオ!観光名所と基礎情報まとめ!
マイナーなウルグアイの首都モンテビデオへ行ってきたので、ウルグアイの基礎情報とモンテビデオの観光名所をまとめてみました。南米といえばマチュピチュやナスカの地上絵、ウユニ塩湖が有名ですが、ウルグアイにだって良いところはたくさんあります。
ウルグアイの世界一貧しい大統領ホセ・ムヒカのスピーチ!
ウルグアイの大統領を務めたホセ・ムヒカ大統領の感動的なスピーチを紹介したい。この感動的なスピーチは、2012年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催されたリオ会議(環境と開発に関する国際連合会議)でホセ・ムヒカ大統領が演説したスピーチだ。

Mvd6597797

 

パラグアイには多くの日系人が暮らしている!

パラグアイに移住した日本人、日系パラグアイ人とは!?
南米の中央に位置するパラグアイ、この国に日系パラグアイ人が5千人以上も住んでいることをご存知だろうか。本記事をきっかけにパラグアイという国に興味を持ち、パラグアイへ移住した日本人が今どんな想いで生活しているのかを考えて欲しい。

IMG_1473

 

南米の宝庫「イグアスの滝」のブラジル!

イグアスの滝は絶景!世界最大の滝に魅了されよ!
ブラジルとアルゼンチンに跨るイグアスの滝。世界の三大滝である「イグアスの滝」「ナイヤガラの滝」「ビクトリアの滝」の一つはであるが、「イグアスの滝」は他の二つの滝に比べて群を抜いて規模が大きい。

WasserfŠlle von Iguacu, Paraguay/Brasilien

 

南米・南アメリカへ旅行しよう!

南米・南アメリカの各国の記事をまとめてみました。南米には思った以上に観光名所が揃っていますが、日本の裏側というアクセスの悪い大陸でもありますので、行くのであれば中長期で時間をかけて旅行へ行くことをお勧めします。

また、スペイン語やポルトガル語に不安を感じる方には、旅の指さし会話帳をお勧めすします。南米では観光名所では英語が通じるものの、ちょっと道を外れてしまうと途端にスペイン語だけになってしまいます。南米を旅するなら指さし会話帳は必須と言えるでしょう。

不明な点があれば(@myritus)まで連絡ください。世界一周をしてきたので、南米に限らず現地の情報をお伝えすることができます。

旅行の準備に関しては海外旅行・バックパッカーの準備に必要な全てのことまとめ!にて準備事項を全てまとめています。本記事を読めば旅行の準備に関することは大丈夫です。

また、本記事をシェア頂いて観光客の少ない南米へ行く人が増えればと思います。引き続き世界各国の記事を更新していきますので、下記のFeedlyに登録頂けたら嬉しいです。

最後に最新版の南米の地球の歩き方を記載しました。それでは、準備をして南米へ旅行に行ってみましょう。

 

中米・中央アメリカを旅行するならこれを読め!
中米・中央アメリカを旅行してきたので、各国の旅行や観光情報を本記事にまとめました。あまり日本には馴染みのない中米・中央アメリカではありますが、意外と多くの観光名所が存在します。

 

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑