【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

 

新本格世代を築き上げた綾辻行人。売れに売れまくってアニメや映画化までされている「Another」はミステリー要素も含まれているが、ジャンルからすると学園物のホラー小説だ。あまりホラーを読まないぼくは敬遠していた。しかし、ふと本屋でふと本書を手に取ってみるとビビッとくるものがあった。

表紙のおにゃの子が可愛い…

それだけの理由で購入してみたのだが面白いこと面白いこと。700ページ近くある長編だが二晩で読み終えてしまった。

Another

 

あらすじ・呪われた3年3組

昔からは3年3組は呪われていた。この教室の中に〈死者〉が紛れ込んでいる。毎月〈死者〉によって誰かが殺される。

学校というクローズドサークルの中で呪いを解こうとする主人公と表紙のおにゃの子の奔走物語。「学校の七不思議」「学校の怪談」などの古いオカルト・タタリの要素をふんだんに取り入れた物語だ。

Another アニメ

 

 「呪い」はリスクの偏りか

本書の魅力は「呪い」を「呪い」のまま受け入れているという観点。呪いという事象は決して解明できるものではなく、これはこういうものだから仕方がないと半ば諦めてしまっている雰囲気すらある。

解明できないのだから呪いは、単なるリスクの偏りかもしれない、たまたまこういった事象が連続した可能性だってあるのだ。「呪い」に因果関係はなく、全てが先後関係で進められているので惹かれた。

 

まとめ

「Another」は話の展開が劇的に進む作品ではないが、何故かページを捲る手が止まらなくなる。これは至るところに伏線が張り巡らされていて、読者にとってそれは伏線だと分かるように著者は提示しているからだ。しかし、この伏線が何を意味しているのかは読者自身が導かねばならない。ページを捲れば捲る程、答えが徐々に露呈してくる。

さて君も表紙のおにゃの子の虜になって、この懐古的な世界感を味わってみよう。

 

ちなみに本作には続編が出ている。またまた表紙のおにゃの子が可愛い「Anorher エピソードS」。「Another」の事件解決前の夏休みを描いた作品なので、Anotherを読む終えた方はどうぞ。

【Another エピソード S – 綾辻行人】表紙のおにゃの子が再び奔走!
やってきました「Another」 の続編となる「Anorher エピソードS」。本書は「Another」の事件解決前の夏休みを描いた作品。テーマは生と死の狭間に漂う「幽霊」について。幽霊を追いかけ奔走するおにゃの子の物語なのである。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

哲学 考える人

【超訳「哲学用語」事典 – 小川仁志 】哲学用語を体系的に学べる辞典

超訳「哲学用語」事典は哲学用語を体系的に学べる「哲学用語辞典」である。こういうものを私は探し

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

素粒子

【小さい宇宙をつくる – 藤本順平】宇宙を構成する4つ力と統一理論について

素粒子とは物を細かく細かく切っていくと行き着く、物の最小単位。もうこれ以上は分解できない物質

記事を読む

名のないシシャ

【名のないシシャ – 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

山田悠介というと文章が稚拙で物語の流れに整合性が取れてないなど、ネットでは散々非難されている

記事を読む

【ビッグクエスチョンズ 宇宙 – スチュアート・クラーク】宇宙の基礎知識を習得!

宇宙に関する基礎知識を体系的に学ぶのであれば本書をお勧めする。私は最近、宇宙・生物に関する本

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑