【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

 

新本格世代を築き上げた綾辻行人。売れに売れまくってアニメや映画化までされている「Another」はミステリー要素も含まれているが、ジャンルからすると学園物のホラー小説だ。あまりホラーを読まないぼくは敬遠していた。しかし、ふと本屋でふと本書を手に取ってみるとビビッとくるものがあった。

表紙のおにゃの子が可愛い…

それだけの理由で購入してみたのだが面白いこと面白いこと。700ページ近くある長編だが二晩で読み終えてしまった。

Another

 

あらすじ・呪われた3年3組

昔からは3年3組は呪われていた。この教室の中に〈死者〉が紛れ込んでいる。毎月〈死者〉によって誰かが殺される。

学校というクローズドサークルの中で呪いを解こうとする主人公と表紙のおにゃの子の奔走物語。「学校の七不思議」「学校の怪談」などの古いオカルト・タタリの要素をふんだんに取り入れた物語だ。

Another アニメ

 

 「呪い」はリスクの偏りか

本書の魅力は「呪い」を「呪い」のまま受け入れているという観点。呪いという事象は決して解明できるものではなく、これはこういうものだから仕方がないと半ば諦めてしまっている雰囲気すらある。

解明できないのだから呪いは、単なるリスクの偏りかもしれない、たまたまこういった事象が連続した可能性だってあるのだ。「呪い」に因果関係はなく、全てが先後関係で進められているので惹かれた。

 

まとめ

「Another」は話の展開が劇的に進む作品ではないが、何故かページを捲る手が止まらなくなる。これは至るところに伏線が張り巡らされていて、読者にとってそれは伏線だと分かるように著者は提示しているからだ。しかし、この伏線が何を意味しているのかは読者自身が導かねばならない。ページを捲れば捲る程、答えが徐々に露呈してくる。

さて君も表紙のおにゃの子の虜になって、この懐古的な世界感を味わってみよう。

 

ちなみに本作には続編が出ている。またまた表紙のおにゃの子が可愛い「Anorher エピソードS」。「Another」の事件解決前の夏休みを描いた作品なので、Anotherを読む終えた方はどうぞ。

【Another エピソード S – 綾辻行人】表紙のおにゃの子が再び奔走!
やってきました「Another」 の続編となる「Anorher エピソードS」。本書は「Another」の事件解決前の夏休みを描いた作品。テーマは生と死の狭間に漂う「幽霊」について。幽霊を追いかけ奔走するおにゃの子の物語なのである。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

宇宙の歴史

【デビッド・クリスチャン – 18分でたどるビッグヒストリー】エントロピー増大から宇宙の歴史をまとめたTEDのプレゼン

このTEDは、宇宙誕生から今に至までの歴史を18分にまとめたプレゼンである。歴史はエントロピーが加速

記事を読む

虐殺器官

【虐殺器官 – 伊藤計劃】ゼロ年代のSF近未来小説第1位!

SF小説のガイドブック「SFが読みたい!」にて国内部門のゼロ年代SFベスト1位を獲得した殺戮

記事を読む

クラインの壷

【クラインの壺 – 岡嶋二人 】元祖バーチャルリアリティを扱った驚愕トリック

1989年に初出版されたバーチャルリアリティを題材にした本書。20年以上前に出版されたにも関

記事を読む

ハーモニー

【ハーモニー – 伊藤計劃】身体が公共性の一つのリソースになる社会

伊藤計劃の「虐殺器官」に続く長編第二弾。前作の紛争から核戦争に発展し、それを教訓に科学技術に

記事を読む

幽霊たち

【幽霊たち – ポール・オースター】何も物語が動かない孤独な物語

80年代アメリカ文学の代表的作品と謳われる本作。私は本書が大好きで既に何回か読んでいる。ポー

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑