ドーハのハマド国際空港(新ドーハ空港)がMacだらけで近未来! | On The Road

ドーハのハマド国際空港(新ドーハ空港)がMacだらけで近未来!

 

カタールのドーハは中東のハブとして機能していて、日本から向かうなら欧州やアフリカ行きの乗り換えで利用する人が多い。実はドーハ空港はもう使われていなくて、2014年に新しくハマド国際空港(新ドーハ空港)をオープンした。中東のハブはドバイだけではない。

ドバイはラスベガスの劣化版!2都市の共通点と違いについて
相当なお金持ちでないと、ドバイを目的とした旅行をするのは難しい。私はたまたま、ドバイで15時間のトランジット(乗り継ぎ)があったので、その時間を活用してドバイを観光してきました。共通点が多いラスベガスにも行ったことがあるので、ドバイとラスベガスを比べて記事を書いていきます。

 

このハマド国際空港で乗り換える機会があったので、乗り換え時間を利用して空港を巡り歩いてみた。そこには驚きの近未来の設備が搭載されていた。

ハマド国際空港(新ドーハ空港)

 

2014年オープンのハマド国際空港(新ドーハ空港)

東京ドームが12個分と同じ広さの敷地60万平方メートルを誇るハマド国際空港(新ドーハ空港)。レストランやプールはさることながら、そこには500人以上を収容できるイスラムモスクが建設されている。これはイスラム圏ならではだ。

このハマド国際空港の主役は、今伸びている地元のカタール航空だ。驚きなのがこの空港から141の都市にアクセスできるという。もちろん、日本の誇るANAとJALも運行している。

ハマド国際空港(新ドーハ空港)

 
 

ハマド国際空港には至る所にiMacが設置されている

天井が高く近未来を思わせる構造になっていたが、一番驚いたのが空港内の至る所にiMacが設置されていたことだ。このiMacが設置されたインターネットスペースは、ターミナルの全ての場所においてある。しかも無料だ。今まで他の空港でパソコンが設置されているインターネットスペースを見てきたが、iMacがおいてあるのは初めてみた。

iMacを自由に使えるだけではなく、空港内のどこにいてもWifiが使える環境だ。中東だからといって速度が遅い訳ではない。どこにいてもWifi環境下でスムーズにネットを利用できる。ここまで充実したネット環境を備えた空港を他に見たことがない。日本の空港にも無料Wifiはあるにはあるが、範囲が狭く遅いためカフェ入るのがベストだ。

このネット環境の充実さはハブ空港故の配慮だろう。ハブ空港は乗り継ぎのため長時間滞在する人が多いので、滞在を飽きさせないためにもネット環境を充実させ、遊べるスペースを設け、どの国の人にも楽しんでもらう必要がある。ハマド国際空港でならいくらでも滞在したいという気分にさせてくれる。

ハマド国際空港(新ドーハ空港)

 

空港といえばジブラルタル空港も、とんでもないことになっているので合わせてどうぞ。街中で飛行機が離発着する空港です。

スペインの中にあるイギリス領土ジブラルタルの魅力&観光を完全公開!
ジブラルタルって皆さん知ってますか?ヨーロッパのスペイン側に、ジブラルタルと呼ばれるイギリス領土がある。今回はジブラルタルの歴史、基礎情報、魅力&観光スポットをお伝えしていきまうす!

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

記事はありませんでした

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑