イギリスの産業革命はマンチェスターで起きた!その理由とは!?

イギリスの産業革命はマンチェスターで起きた!その理由とは!?

 

実はイギリスで起きた産業革命は、あのサッカーで有名なマンチェスターで始まった。マンチェスターといえばマンチェスターユナイテッドが有名すぎて、産業革命という言葉を想像することすらできなかったのだが、これは事実なのである。

実際にマンチェスターに訪れてみると、サッカーと並んで産業革命に関する博物館や展示物が街中にある。また、産業革命をきっかけにマンチェスターにある理系の大学が、世界的に有名になる程進歩した。

産業革命によって発明された蒸気機関車や、綿工業や石炭エネルギーの利用によって、世界はその名の通り革命へと歩んだ。今回は歴史を遡りながら、なぜ産業革命が起きたのか、なぜマンチェスターで起きたのか、マンチェスターの様子と共にお届けしていきます。

 

産業革命がイギリスで起きた理由

産業革命は18世紀半ばから19世紀にかけてイギリスで起きた、その後世界へと波及して世界の社会構造を変えることになる。

産後革命という言葉は、イギリスのアーノルド・トインビーという歴史学者が名付けた。ちなみに英語では、Industrial Revolutionと呼ばれている。

イギリスで産業革命が起きた理由は、大きく分けて下記の3つに分けられる。

 

当時のイギリスは世界中に植民地を持っていた

当時のイギリスは、世界中に植民地を持っていた。イギリスとアフリカとアメリカの3か国で大西洋三角貿易を確立して、巨万の利益を国は得ていたのだ。

流れとしては、イギリスが綿織物や武器をアフリカへ輸出し、アフリカから奴隷をアメリカへ輸出し、アメリカからはコーヒーや綿花などをイギリスは輸入していた。

このサイクルでイギリスは利益を溜め込み、資本大国へと成長していったのだ。

 

農業革命と囲い込み(エンクロージャー)で農民が都市に流入

大地主が利益拡大のために小作地や共同地を囲い込み(エンクロージャー)、 大農経営をする農場が増えたことを農業革命という。

そのための多くの農民が土地を失い、都市へと流入して行った。彼らが、産業革命の担い手となったのだ。

 

イギリスの科学技術向上

イギリスの科学技術が向上することで、毛織物や綿織物を自国で生産できるようになり、鉄と石炭などの資源に恵まれていたのでエネルギーとして利用することになった。

 
 

産業革命がマンチェスターで起きた理由とは!?

マンチェスターで産業革命が起き始めると、世界初の蒸気機関車の路線がマンチェスターとリバプール間に作られることになった。これは植民地から金を吸い上げ、農民だった多くの人たちの労力を使い、科学技術の向上があってこそだった。

その当時、マンチェスターには多くの綿工場があったのに、材料となる綿は港のあるリバプールから持ってくる以外に方法がなかったのだ。

そこで蒸気機関車の路線をマンチェスターとリバプールに引き、リバプールからマンチェスターへ海外から輸入した綿を運び、マンチェスターで加工された後にリバプールへ運び世界へと輸出させたのだ。

Hartmann_Maschinenhalle_1868_(01)

 
 

産業革命発端のマンチェスターにある科学産業博物館へ行こう!

産業革命が起きたマンチェスターには、発祥の地を体感できる科学産業博物館がある。世界初の蒸気機関車の駅や、当時使われていた蒸気機関車、綿を加工する機械など、ここでしか味わえない産業革命にまつわるものが全て揃っている。

マンチェスターに行ってサッカーを観戦するのもいいが、せっかくマンチェスターに行くのだから、先人の知恵が垣間見える科学産業博物館へ行ってみると面白いかもしれない。

最後に、科学産業博物館の様子を写真でお届けします!

 

博物館とは関係ないけど、マンチェスターにもロンドンと同じく時計台があるんだね!

博物館とは関係ないけど、マンチェスターにもロンドンと同じく時計台があるんだね!

 

こちらが世界初の蒸気機関車の駅!

こちらが世界初の蒸気機関車の駅!

 

当時使われていた蒸気機関車!

当時使われていた蒸気機関車!

 

電車と比べてかなり重厚!

電車と比べてかなり重厚!

 

綿を加工するための機械だよ!

綿を加工するための機械だよ!

 

大きいですなあ!

大きいですなあ!

 

時代は変わるもので、今では3Dプリンターなんてものが発明されたなりね!

時代は変わるもので、今では3Dプリンターなんてものが発明されたなりね!

 

産業革命がイギリスで起きた理由を、もっと詳しく知りたいという方は下記の本を読んでみよう。本記事で触りの部分に触れたので、下記の本を読むことで理解が深まるだろう。

 
 

その他のイギリスの記事!

ロンドンのおすすめ観光名所の全まとめ!
日本人の海外旅行先として人気の高いロンドン、おすすめの観光名所を全てまとめました。地球の歩き方に載っているものから、現地の人におすすめされた場所まで、数週間かけて色々と周ってきたので、ここに全てを集約しました。
ビートルズ誕生の地、リバプールのキャバーンで生演奏を聴こう!
ビートルズが有名になる前にライブをしていた「キャバーン(Cavern)」というライブハウスを本記事で紹介したい。このキャバーンは、世界一有名なライブハウスと言っても過言ではない。ビートルズはここで連日演奏して、技術を磨き有名になって、世界一有名なバンドに成り上がったのだ。
イギリスの田舎を堪能するなら湖水地方へいこう!羊メーメー!
イギリスの田舎といえば、コツオゥルズやグラストンベリー、スコットランドの北のエリアが有名だ。そんな中でも私がイギリスの田舎で一番オススメしたい場所は、湖水地方(レイクサイド)だ。
ウェールズの首都カーディフには、国旗の赤いドラゴンがいっぱい!
ウェールズというと中々聞きられない都市の名前ですが、一つだけ誰もが知っているものがあります。それは、ウェールズの国旗に描かれた赤色のドラゴンです。
スコットランドの首都エディンバラ出身の豪華著名人たち!
スコットランドの首都エディンバラ出身の豪華著名人たちにフォーカスする。街中には彼らの銅像や、彼らが暮らした場所などが観光スポットになっているので、エディンバラに観光へ行く予定がある方は、事前に知識を入れておくと観光が充実すること間違いなしだ。
北アイルランドの首都ベルファストにあるタイタニック博物館!
タイタニック号は誰もが知っている世界で一番有名な客船だろう。タイタニック号は北アイルランドの首都ベルファストで造船され、その跡地にはタイタニック博物館が建てられた。博物館の模様とタイタニックが沈没した原因を本記事にて紹介しています。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

イギリスを旅行・観光するならこれを読め!4つの連合国まとめ!

イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの国で構成されている。私は4

記事を読む

北アイルランドの首都ベルファストにあるタイタニック博物館!

タイタニック号は誰もが知っている世界で一番有名な客船だろう。大ヒット作品である映画「タイタニック」で

記事を読む

イギリスの田舎を堪能するなら湖水地方へいこう!羊メーメー!

世界の70か国以上を周っている私だが、イギリスの田舎ほど心が休まるところはない。イギリスの田舎は山が

記事を読む

キャバーンで誕生したビートルズ!リバプールで生演奏を聴こう!

ビートルズ誕生の地、リバプールにてビートルズを堪能してきました。ジョン・レノン、ポール・マッカートニ

記事を読む

ウェールズの首都カーディフには、国旗の赤いドラゴンがいっぱい!

イギリスを構成する、北ア一ランド・スコットランド・イングランド・ウェールズの4つの構成国のうちウェー

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑