【名のないシシャ - 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

【名のないシシャ – 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

 

山田悠介というと文章が稚拙で物語の流れに整合性が取れてないなど、ネットでは散々非難されている作家だ。ぼくもその意見には首肯できるが、山田悠介の本はどれも物語の設定が面白い。物語の土台である決めごとや設定が面白いからこそ、惹かれて読んでしまうのだ。

山田悠介

 

名のないシシャの設定

人間の寿命を予知し、運命を変える力を持つ名無しの「シシャ」。シシャは成長しても永遠に子供のままで大人にならない。シシャには寿命を与える特別の力を持っている。しかし、3年間の寿命を与えてしまうと自分が消えてなくなってしまうのだ。シシャの心情と恋愛模様を描いた情操ミステリー。
なにやら、デスノートみたいな設定ですな。デスノートは人間の寿命を縮め、本書は人間の寿命を延ばすことができる。デスノートみたいな推理戦はないが、本書は読了後にある種の感動を得る事ができる。

 

自分の寿命を知りたいとは思わない

自身の寿命が分かれば死ぬまでにやりたい事をスケジュール立てして実行することができる。しかし、そこには○月○日に死ぬのだからもうどうにでもなれという、人生に対する諦めや虚無感に襲われるだろう。また、死の直前にはなにをしでかすか分からない。何をしてももう死ぬのだから…という気持ちに占められるだろう。

死が顕現することで絶望感に平伏し余生を無駄にしてしまう可能性もあるのだ。だからぼくは、シシャに会っても寿命は聞きたくない。

 

あくまでもデスノートの劣化版

本書はデスノートみたいに事細かにルール分けでもなく理戦も皆無である。ただただ、惰性で読了して心地よい気持ちになれる本だ。自分の寿命を他人に譲る瞬間に人間の愛情を垣間みることができる。本書に山田悠介特有のスリルやホラーを求めてはいけない。

 








ついに、Youtube始めました!
チャンネル登録、宜しくお願いしますー!




関連記事

パラドックス13

【パラドックス13 – 東野圭吾】13時13分13秒に突如人類が消えた…

ページを捲る手が止まらなかった。緊迫感の中で起きる思いがけない出来事の連続に圧倒された。貴志

記事を読む

【脳内麻薬 – 中野信子】快楽物質ドーパミンをコントロールしよう

快楽物質のドーパミン。これは50種類ある神経伝達物質の中で、快感を増幅するするための物質であ

記事を読む

電通 苫米地英人 広告代理店

【電通洗脳広告代理店 – 苫米地英人】マスメディアを傀儡する電通の実態

日本のメディアを支配している電通。 この電通のタブーともいわれる内部に切り込んでいるのが苫米

記事を読む

情報収集

【情報を200%活かす 池上彰のニュースの学校 – 池上彰】膨大な情報の中から有効な情報を選別する方法

ネットを開けばそこには膨大な情報が溢れている。この中からどうすれば自分にとって有効な情報を引

記事を読む

翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件

【翼ある闇 メルカトル鮎最後の事件 – 麻耶雄嵩】ミステリー要素が全て集約!

ゲルマン・ゴシックを基調とした武骨な造形の洋館。粗い煉瓦造りの側壁に半円を描いたポーチ。窓には分

記事を読む

icon


友だち追加

   

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑