【脳内麻薬 - 中野信子】快楽物質ドーパミンをコントロールしよう

【脳内麻薬 – 中野信子】快楽物質ドーパミンをコントロールしよう

 

快楽物質のドーパミン。これは50種類ある神経伝達物質の中で、快感を増幅するするための物質である。ドーパミンが分泌されることで、やる気、快楽、記憶、行動、睡眠、気分、学習など広範囲に及び良い結果を齎してくれる。

良いこと尽くしのドーパミン。ではどういったシーンでこの物質が分泌されるのだろうか。本書ではここをシーン別に紹介している。

シナプス

 

好きなことをするとき

アルコール依存症やギャンブル依存症という言葉を聞いたことはないだろうか。これはドーパミン分泌による快楽に執着した依存症なのである。ゲームをしている時や趣味に没頭している時にもドーパミンが分泌されている。自分が好んで行う行為の最中にドーパミンが分泌されるのだ。しかし、こういったシーンでの分泌は歯止めがかからなくなるケースがあるという事も覚えておこう。

 

他人に認められるとき、他人より優位に経ったとき

上司に褒められる、社会的な地位を確立するなど、人間関係においてもドーパミンが分泌される。人間は潜在的に他人に認めてもらいたい欲求を持っていて、これが満たされ時にドーパミンが分泌され達成感や気持ちの良い気分に浸れるのだ。

これは他人より優位に立った時も分泌される。あの人よりも年収が良い、あの人よりもテストの点数が良かったなど、他人が存在して初めてドーパミンが分泌される場面である。

 

好奇心を満たすとき

まめ知識を習得した時や難解な問題が解けた時にも分泌される。ドーパミンの分泌量が多い人ほど色んなことに興味を持ち、旅行や冒険などを好む傾向があるのだ。

 

自分でドーパミンをコントロールしてみよう

本書を読めばドーパミンが分泌される仕組み・シーンを理解することができる。理解した上で感情や、やる気などを自分でコントロールできるようになればこっちのものである。

ちなみにこちらはドーパミンを作り出す作用があるサプリです。人それぞれ効果は違いますが、Amazonのレビューをみるとかなり高評価です。

すきなこと

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





関連記事

旅のラゴス

【旅のラゴス – 筒井康隆】生涯をかけて旅をする意味と目的とは

本の内容は、主人公が生涯をかけて世界中を旅して地元に帰ってくるだけの話。内容はあり来たりではある

記事を読む

名のないシシャ

【名のないシシャ – 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

山田悠介というと文章が稚拙で物語の流れに整合性が取れてないなど、ネットでは散々非難されている

記事を読む

体内時計

【時間の分子生物学 – 粂和彦】体内時計(概日リズム)と睡眠時間の関係

この本は好奇心を満たしてくれた。誰にでも持っている体内時計と睡眠時間の関係を遺伝子レベルから

記事を読む

幽霊たち

【幽霊たち – ポール・オースター】何も物語が動かない孤独な物語

80年代アメリカ文学の代表的作品と謳われる本作。私は本書が大好きで既に何回か読んでいる。ポー

記事を読む

なめ猫

【ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 – 原田曜平】マイルドヤンキーの実態について

ロスジェネ世代、ゆとり世代、さとり世代、、その時代の世代の呼称はユニークで、人は誰でもカテコ

記事を読む

icon


友だち追加

   

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑