【情報を200%活かす 池上彰のニュースの学校 – 池上彰】膨大な情報の中から有効な情報を選別する方法

【情報を200%活かす 池上彰のニュースの学校 – 池上彰】膨大な情報の中から有効な情報を選別する方法

 

ネットを開けばそこには膨大な情報が溢れている。この中からどうすれば自分にとって有効な情報を引き出すことができるのか。また、ネット以外の媒体からの情報収集方法を啓示しているのが本書である。

池上彰と言えば、難しいニュースを簡単に分かりやすく説明するのがうまく「週刊こどもニュース」のお父さん役で一躍有名になった人物である。分かりやすく説明する=細部まで情報を知り尽くしているからこそできる技である。

子供ニュース

 

ネットだけで情報収集をする危険性について

ネットから情報収集をするデメリットとして本書ではこんな例を上げている。

Yahoo!ニュースのトップ8件は、上から6件が一般のニュースで、下の2件が芸能ニュースだと決まっている。この8件のニュースの中で最も読まれているのが下2件の芸能ニュースなのだ。ニュースを読んだ気になっていても実はゴシップ系ばかりであったり、目次だけ読んで分かった気になっているのが一番危険だと提言している。

私もその点については首肯できる。私は毎日RSSで100件以上の記事を斜め読みしているが、目次やタイトルだけ読んで理解してしまっている節がある。興味があれば記事の隅から隅まで熟読するが、興味の範囲外であれば読み飛ばしてしまっている。

また、検索も自分と同じ意見の記事ばかりを読みがちになり、知らない間に偏見に陥る危険性も示唆している。

情報収集

 

ネット時代だからこそあえて新聞から情報収集をするべき

新聞は興味のない部分も目に入る。またネットよりも深い情報が記載されているためより深く理解する事ができる。こういった観点から著者は新聞を「新聞は人に会わない異業種交流会」と比喩している。

新聞からの汎用的な情報収集方法や、収集したニュースを実生活に活用していく方法などを本書は解説している。

私は新聞の中ではウォールストリート・ジャーナル日本版が好きだ。日本の主要新聞社にはない情報や、海外の情報が一足先に入るので読んでいる。他者と差別化をつけたいならオススメだ。

1つの記事に対してあらゆる媒体から多角的に情報収集をし、実践的な具体的なテクニックが満載の本書はお勧めである。また、情報収集をする前にあらゆる分野の体系的な知識を身につけているとなお良い。下記記事で紹介している池上彰の本を読むと、あらゆる分野の教養を身につけることができる。

【おとなの教養 – 池上彰】大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約
大人として身につけるべき教養がこの一冊に集約されている。そしてこの教養から更に学びたい人たちのための入り口として本書は役立つだろう。やはり池上彰の本は一から順序立てて解説しくれるので理解しやすく分かりやすい。文系理系問わず体系的に基礎知識を習得することが可能だ。

 








ついに、Youtube始めました!
チャンネル登録、宜しくお願いしますー!




関連記事

留学

【留学で人生を棒に振る日本人 – 栄陽子】留学斡旋会社に騙されない留学&リベラルアーツカレッジ

私自身、一ヶ月と短い期間ではあるがロサンゼルスのレドンドビーチに留学をした経験がある。EFと

記事を読む

パラドックス13

【パラドックス13 – 東野圭吾】13時13分13秒に突如人類が消えた…

ページを捲る手が止まらなかった。緊迫感の中で起きる思いがけない出来事の連続に圧倒された。貴志

記事を読む

容疑者Xの献身

【容疑者Xの献身 – 東野圭吾 】犯人に焦点を当てた倒叙ミステリーの傑作

[amazonjs asin="B001OF63WE" locale="JP" title=

記事を読む

旅のラゴス

【旅のラゴス – 筒井康隆】生涯をかけて旅をする意味と目的とは

本の内容は、主人公が生涯をかけて世界中を旅して地元に帰ってくるだけの話。内容はあり来たりではある

記事を読む

Another

【Another – 綾辻行人】怪談系学園ホラーの傑作・表紙のおにゃの子が大活躍!

[amazonjs asin="4041000009" locale="JP" title=

記事を読む

icon


友だち追加

   

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑