【向日葵の咲かない夏 – 道尾秀介】市橋容疑者も持っていた小説

【向日葵の咲かない夏 – 道尾秀介】市橋容疑者も持っていた小説

 

死体が消えて、その死体の人物が人間ではないものになっていた!

とのキーワードから購入。
物語の土台となるのは輪廻転生。死んだ者が他の生物となって生き返り主人公を惑わせていく。超自然的な要素がかなり入り交じっているので、一般的なミステリー小説が好きな人には抵抗があるかもしれない。叙述トリックも幻想のまま収斂してしまう。

ちなみに下記の本は市橋容疑者が書いた自伝。逮捕された本人が心情を赤裸々に告白してます。

向日葵の咲かない夏

 

何かが欠如している登場人物

主人公は家庭環境の崩壊から極度のストレスがのしかかりパラノイアに。その他の登場人物には現実逃避から齎される連続動物殺人者、少年性愛好者、、などなどバラエティに富んだ異常者が登場する。ほぼ全ての登場人物が異常者なので不自然さを感じながらも読み進めていかなければならない。

読み進めているうちに、各登場人物の背景が顕現してくる。この手の作品慣れていない人が手をだすと、どんよりとした読了感が残り気持ち悪くなること間違いなし。タイトルの向日葵というキーワードから想像できない程に救い様のない作品だ。

向日葵の咲かない夏

 

叙述トリックではなく登場人物の心情重視

叙述トリックやミスリードはそこまで強くないので、過去にこの手の作品を読んだ事がある人にとっては既読感満載だろう。だからこそ作者はトリックではなく、登場人物の内面に重点を置いているのかもしれない。

幼少期の家庭環境の崩壊や周りで起きる心的外傷は、変えられない事実だからこそ読者は救い様のない気持ちになる。哀れに思うという感情すら許されないままストーリーが展開していく。

最近、家庭環境の崩壊などから起きるサイコパスによる殺人事件が多発している。そういった殺人者をこれからどうすれば更生することができるのか、サイコパスに育てた周りに責任はないのか、、と色々考えさせられる作品である。

和歌山毒物カレー事件で話題になった社会派ホラー【黒い家 – 貴志祐介】
保険金殺人事件を題材にした現代版ホラー小説。保険会社の存在意義や社会風刺、サイコパス犯罪についてなど現代社会のあり方についても説いている。世の中に存在する保険金殺人事件の裏側には、この様な人間模様が伏在していると思うと非常に恐ろしい。自分がサイコパスに追われている感覚になり眠れなくなること必須のホラー小説だ。







ついに、Youtube始めました!
チャンネル登録、宜しくお願いしますー!




関連記事

旅のラゴス

【旅のラゴス – 筒井康隆】生涯をかけて旅をする意味と目的とは

本の内容は、主人公が生涯をかけて世界中を旅して地元に帰ってくるだけの話。内容はあり来たりではある

記事を読む

素粒子

【小さい宇宙をつくる – 藤本順平】宇宙を構成する4つ力と統一理論について

素粒子とは物を細かく細かく切っていくと行き着く、物の最小単位。もうこれ以上は分解できない物質

記事を読む

名のないシシャ

【名のないシシャ – 山田悠介】デスノートの劣化版小説…

山田悠介というと文章が稚拙で物語の流れに整合性が取れてないなど、ネットでは散々非難されている

記事を読む

【脳内麻薬 – 中野信子】快楽物質ドーパミンをコントロールしよう

快楽物質のドーパミン。これは50種類ある神経伝達物質の中で、快感を増幅するするための物質であ

記事を読む

パラドックス13

【パラドックス13 – 東野圭吾】13時13分13秒に突如人類が消えた…

ページを捲る手が止まらなかった。緊迫感の中で起きる思いがけない出来事の連続に圧倒された。貴志

記事を読む

icon


友だち追加

   

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑