世界一周を始めて1年!費用・準備・記事総括、思ったことなど近況報告!

世界一周を始めて1年!費用・準備・記事総括、思ったことなど近況報告!

 

ついに本日、世界一周を始めて日本を出発してからちょうど1年を迎えた。1年で52ヶ国を周り、目紛しく新たな発見や貴重な経験をする日々が続いている。

そこで今回は、世界一周1年を記念して過去の旅を振り返りつつ、この1年でかかった費用や準備、過去の記事などを紹介していく。本記事は6,000文字を超えるボリューミーな記事なので、時間のない方はハテブやPocketに登録して、後でじっくり読むことをお勧めする。

世界一周で周った全ての国を、独自の観点で記事にしてきているので、この世界一周ブログ「On The Road」も私と共に成長してきた。胸を張っておすすめできる世界一周ブログだ。私の財産とも言えるブログなので、集約してきた知識や経験をここで披露したい。

また、多大なる感化を世界から受けて変わった心情の変化などもさらけ出していきたい。

本記事を読む前に時間があれば、世界一周当日に書いた「世界一周後の自分へ伝えたいこと」を合わせて読んで欲しい。一体何故、私が世界一周に出発することになったのか分かってもらえるはずだ。

世界一周前の自分から世界一周後の自分へ伝えたいこと
世界一周前の自分から世界一周後の自分へ、今の自分が想っていることを備忘録を兼ねて書いていきます。世界一周後にこの記事を見直して、世界一周後の自分から世界一周前の自分へという記事を書く予定です。

 

1年間の世界一周でかかった費用・準備まとめ!

まずは、私がこの1年間で世界一周をしながら周った52ヶ国を見てもらおう。国名を見るだけで気が遠くなるような旅だった。

ちなみに、この世界一周をする前に行った海外旅行を合わせると65ヶ国行ったことになる。それでも世界の半分も行ったことがないなんて信じられない想いだ。

 

1年間で世界一周をして周った国一覧!

これらの訪れた52ヶ国の中で平均して2〜3都市ほど周っている。いかに世界一周が気の遠くなるような、世界を股にした遊びか分かって頂けたはずだ。Google Mapにてリアルタイムの現在地と経路を描いているので、ひーやんの居場所を確認してみよう。

日本、フィリピン、タイ、ネパール、アラブ首長国連邦、ヨルダン、イスラエル、パレスチナ、イスラエル、ヨルダン、エジプト、カタール、イラン、アルメニア、ジョージア&アジャリア自治共和国、トルコ 、ルガリア、ルーマニア、セルビア、コソボ、マケドニア、ギリシャ、アルバニア、モンテネグロ、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、クロアチア、スロベニア、ハンガリー、スロバキア、オーストリア、チェコ、ドイツ、モロッコ、スペイン、ジブラルタル、スペイン、ポルトガル、スペイン、フィンランド、スウェーデン、エストニア、ラトビア、リトアニア、ベラルーシ、ウクライナ、モルドバ、ポーランド、ノルウェー、デンマーク、アイルランド、イギリス、オランダ、ベルギー、ルクセンブルク、フランス、ペルー、ボリビア、チリ

世界一周ルート!
世界一周ルート!

2015-10-10_1130

 

世界一周のために200万円を貯金した!その働き方、稼ぎ方とは!?

世界一周のために社会人を3年経験して200万円を貯金した。そこから海外保険や世界一周に持っていきたい物を多数購入したため、200万円から20万円が消えて180万円を手に日本を出発した。

社会人として貯金する以外にも、記事で登場するシビちゃんがマスコットのクラウドファンディングをしたり、リゾート施設で優雅にアルバイトをしたり、クラウドソーシングでお金を稼いだりもしていた。

インターネットを利用すればどこでも働けるような時代になったので、既存の考えに縛られていてはいけない。自分にあったスタイルの働き方を模索してみよう。

そんな世界一周のためにせかせかと働いた模様を下記の記事にまとめている。

クラウドファンディングを成功させるには?してみて学んだ3つのこと
一ヶ月の間、クラウドファンディングで「世界一周 x ぬいぐるみ」というプロジェクトを行っていました。先日終了しまして、12名の方に協力頂き、64,500円の支援が集まりました。今回はクラウドファンディングをしてみて学んだ3つのことを紹介します。
旅行好き&貯金したいならリゾートバイト(リゾバ)は天国!1ヶ月間働いた体験談!
旅行好き&貯金がしたい人に全力でリゾートバイト(リゾバ)を勧めたい。実際に1ヶ月間リゾートバイトをしてみると、働いているという感覚は全くなくて、旅行に来ているという感覚のままに働いていた。今回は、そんなリゾートバイトの魅力を私の実体験を元に紹介していきたい。
こんな働き方あり?クラウドソーシングのランサーズを活用した働き方
サイト上で作業から支払いまで全てを完結することができる、今流行りのクラウドソーシング。ここでは実際に私がクラウドソーシングのランサーズで、仕事をしてみた成果と仕事内容を紹介してます。

 

世界一周でかかった費用は150万円!

世界一周を1年間して52ヶ国を周った結果、費用は150万円かかった。物価の高いヨーロッパに半年以上滞在して、特に物価の高いスカンジナビア・北欧諸国に1か月滞在したにも関わらず150万円だ。

これは他の世界一周経験者の記事を拝見すると比較的安い方だ。私は物価の高いヨーロッパでは、カウチサーフィン(CouchSurfing)を使い宿泊費を無料にし、できるだけ自炊するようにし、車移動をシェアするBlablacae(ブラブラカー)と呼ばれるサービスも利用してきた。

Tinder(ティンダー)やMeet Up(ミートアップ)を使い現地の人と交流をしたり、この世界一周ブログOn The Roadを通じて日本人とも何人か会ったりしてきた。

インターネットサービスを使えば、いくらだって安く世界一周をすることができる。先人の知恵を惜しみなく使うことで、世界一周は充実するのだ。

世界一周中のお金の管理は全てfreeeというアプリで行っていた。銀行口座、クレジットカードの明細と連携することで、所持金の推移や収入と出費を自動で管理してくれるのだ。

パソコン、タブレット、スマホなどのデバイスで、誰でも無料でダウンロードできる。これは世界一周するなら絶対ダウンロードしておきたい便利なアプリだ。

また、私は本ブログOn The Roadからの収入がある。世界一周をする時に持っていた180万円が、この1年間で150万円を使い30万円になった訳ではない。

前述したが、インターネットがあればどこにいても稼げる。世界一周をしている人の中にはいわいる世界一周をしている「世界一周ブロガー」が多い。この1年間でかなりな世界一周ブロガーと会ってきた。

しかし、Google AdSenseやAmazon Associateを活用している人は殆どいなかったので、ブログからの収益は0円だ。本当に惜しいことをしてると思うので、世界一周ブログをこれから作成する方、世界一周中でブログを持っている方は、下記の記事を参考にしてブログのマネタイズを図ってほしい。

分からないことがあれば何でも(@mysitus)まで連絡して欲しい。同じ世界一周ブロガーとして切磋琢磨していこう。

海外旅行&世界一周ブロガー必見!今あるブログで稼ぎながら旅する方法!
全ての海外旅行&世界一周をしながらブログを書いている「旅ブロガー」に本記事を捧げる。これからブログを立ち上げて海外旅行や世界一周をしようとしている人にも本記事は有効だ。ネットの知識なんてなくても大丈夫。私の紹介する5つのステップを踏めば、今あるブログがマネタイズされ、稼ぎながら旅することができるはずだ。

 

世界一周準備!必要な全てのことまとめ!

海外旅行・バックパッカー・世界一周に興味がある向けに、準備に必要な全てのことを下記の記事にまとめた。これは世界一周経験者としての知恵を全てまとめたものになっている。

このまとめを作るためにかなりの時間を傾注して、準備に必要な一つ一つの要素を体系的にまとめていった。海外旅行・バックパッカー・世界一周する全ての人に捧げたいので、日本を出発する前に旅を充実させるためにも必ず読んでほしい。

海外旅行・バックパッカーの準備に必要なことまとめ!
海外旅行・バックパッカーの準備に必要な全てのことをここに集約させた。私は1年以上かけて世界中を駆け周っているので、実体験に基づく有効な情報だけを書いた。本記事を指針にして、これから海外旅行・バックパッカーに旅立つ人は準備に取り掛かって欲しい。

 

世界一周ブログ!この1年間で最も読まれた記事トップ3!

世界の模様を日本に伝えようとして始めたOn The Road。この1年間で様々な記事を書いてきた。

各国の歴史、文化、食事、経済などなど独自の観点で記事を書いてきたつもりだ。そんな胸を張っておすすめしたい、世界一周ブログのアクセス数ベスト3を見ていこう。さて、どこの国がランクインしてるのかな。

 

第1位!意外な親日国家イラン!

堂々のアクセス数1位を誇るイラン。イランと聞くとイラクやシリアなどの情勢の悪い中東国家を想起するが、イランは治安がそこまで悪くなく観光することが可能だ。

それに意外なことにイランは親日国家なのだ。その理由を探った記事が堂々の1位。

イランは親日で治安は良い!しかし、メディアにプロパカンダされている
日本にいる頃は、イランは戦争や紛争があって危険で治安が悪いイメージがあった。しかしこれは記事のタイトル通り、メディアがプロパカンダしているからだ。ではなぜメディアがイランは危険で治安が悪いといったイメージを植え付けているのか解説していこう。

 

第2位!奇想天外な変わった国アルバニア!

奇想天外な歴史を調べると、本当に色々なことが起きていたアルバニア。アルバニアの歴史の特徴である「鎖国・無神国家・ネズミ講で国家破綻」をまとめた記事が2位にランクインした。

あまり聞きなれない国だが、こう言った切り口で観光客が増えて知名度が上がればなと思う。

アルバニアがとんでもない!「鎖国・無神国家・ネズミ講で国家破綻」
1990年代まで鎖国、鎖国中に世界初の無神国家を宣言、国民の半数がネズミ講にひっかかり国家破綻、この分けのわからない歴史の持ち主はアルバニアだ!今回は、このとんでもないアルバニアの歴史「鎖国・無神国家・ネズミ講で国家破綻」の3つを解説します。

 

第3位!日本人観光客が多いタイ!

3位にランクインしたのはタイだ。日本人の海外旅行先として人気のあるタイは、やはりアクセス数が多い。特にバックパッカーや世界一周をしている人が集まる、カオサンロードにフォーカスして記事を書いた。

タイへの日本人旅行者が増えているにも関わらず、カオサンロードでは日本人が減っているのは何故か、その理由を本記事にて探っている。

バックパッカーの聖地タイのカオサンロードから日本人が消えた
タイの首都バンコクにあるカオサンロードは、バックパッカーの聖地として有名だ。安宿が密集していて、旅関連の物が買え、世界各国の料理が食べられる。そんなカオサンロードから日本人が消えた。理由を探ってみたい。

 

世界一周して1年経った今、心情の変化や思うことについて

冒頭で述べたがこの1年間で52ヶ国を周り、これまでの人生を覆すかのような貴重な経験や新しい発見をする日々を送っている。ここ最近、日本を出発する前と比べて変わったなと思うことが浮き彫りになってきた。日本では想像ができないようなことばかり経験しているので、それはもう多大なる影響を受けている。

 

知識と経験を合わせると知恵になる

私はこの52カ国全て、各国の歴史、文化、経済を事細かに調べている。具体的には移動中にPocketに入れた記事100以上を一気読みしたり、Youtubeに転がっているその国に関するドキュメンタリーを見たり、現地人にその国について質問をしたりして知識を習得している。

経験は自ら行動しなくても向こうから降りかかってくる。新たな国や観光名所へ行けば、その国の雰囲気や文化などが嫌でも入ってくる。現地の人の家に泊まれば、その国のライフスタイルや食事についてが見えてくる。

この知識と経験を組み合わせた結果、それは一体何になるのか。それは「知恵」の習得である。詳しいことは思考の整理学を読んで欲しい。知識と経験が如何にして知恵につながるのか、そのスキームを理解することができるだろう。

 

知恵を得て何が変わったか。世界情勢や訪れた国、日本に対して、今まで行ってきた国に関する知識と経験を元に比較して捉えることができるのだ。

例えば集団的自衛権は第一次世界大戦を教訓にすることができるし、マイナンバー制度はエストニアの例を参考にすればいいし、標高の高い南米の各都市からはネパールやスイスなどの標高の高い都市と共通する文化が見えてくるし、インドに行けばこれが格差社会の縮図なんだなと理解出来る。

ふとした瞬間にものの捉え方が変わった自分がいて驚くばかりだ。この思考回路を強化していけば、先人の過ちを繰り返さないための対処法がすぐに浮かぶし、物事を複合的に考えることができる。

これは世界一周をして良かったなと思える変化だ。世界一周へ出れば誰でも日本ではできない貴重な経験ができる、しかし知識は自発的に習得しないと向こうからはやってこない。

P1090327

 

感受性の衰えについて

これだけあらゆる国を周っていると、世界遺産や壮大な景色を見ても感動しなくなってくる。これは過去見たものと比較してしまうので、そのカテゴリーで初見ではない限り感受性が衰える。

例えば山や海。ネパールでヒマラヤ山脈を見た後にアンデス山脈を見ても同じように見えてしまったり、ドブロブニクでエメラルド色の海を見た後にポルトガルから大西洋を見ても見劣りしてしまうのだ。

この感受性を改善しようと、アンデス帝国時代の歴史を想いながらアンデス山脈を見ても、ユーラシア大陸の最西端から大西洋を見てもやはり前よりも感動しなくなってしまった。

質の高い製品を使えば質の低い製品には戻れないように、自分の感受性は精度が上がったとも取れなくもない。この感受性が日本に帰国してどうなるのか、これは楽しみな点でもある。

IMG_1577

 

他者と関わることでわかる自分の理想像

世界中でランダムに様々な人と出会ってくると、他者から自分の特徴や足りない部分が見えてくる。

ヨーロッパでは各国で現地の人の家に泊まり、ライフスタイルについて学んだ。フレキシブル制度によるストレス軽減や、お金に対する考え方、仕事と私生活の両立を考えるワークライフバランスなどは日本にはないものなのnで感心した。

帰国したら転職活動をして企業に勤める必要がないことも学んだ。フリーランスや事業を立ち上げている人に会えたので、色々と話が聞けて人生の選択肢が広がったように思う。

また、南米ではラテン系の人たちの性格に感動した。彼らはびっくりするほど底抜けの明るい性格を持っている。性格は遺伝による先天的な要素は低く、後天的な子供の頃の家庭によって形成されるので、ラテン系の人たちの私生活を観察するように努めた。

南米では学校でダンスの授業が必須だったり、サッカーチームに帰属意識が向いてるので熱狂的なファンが多かったり、人と別れる際にキスをする文化まである。こう言う文化がラテン系の人たちを底抜けの明るさにしているんだなと実感した。

この底抜けの明るさを自分にも身につけ、日本ではなるべくストレスのない生活を送りたいと思っている。もう大人になってしまったので、周りで関わる人たちを変えることで、底抜けの明るい性格を手に入れたい。ラテン系を見習おうと最近は意識改革を行っている。

DMKX8080

 

世界一周2年目突入!これからも世界一周ブログ「On The Road」を応援してね!

明日からはいよいよ世界一周2年目に突入だ。これから南米から中米、北米と北上していくので、まだまだ私の旅は終わらない。これからもOn The Roadにて各国の情報をお送りしていくので、本ブログから知識を習得して、私の経験をトレースしてほしい。

インターネットとは凄いもので、Wifiさえあれば何処にいようと自宅にいるような快適さを与えてくれる。今私は、日本から見て地球の反対に位置する南米にいるが、インターネットを通じて物理的距離を解消している。皆さんもOn The Roadを通じて、あたかも自分が世界一周を体験してるかのような気分を味わっていただきたい。

そんな思いでクラウドファンディングで始めたのが「世界一周ぬいぐるみ旅プロジェクト」。記事で登場するペンギンのぬいぐるみことシビちゃんは、常に私のポケットに入っている。世界の各都市でシビちゃんと写真を撮って記事に登場させているので、シビちゃんの気持ちになって世界一周を疑似体験してみよう。

シビちゃんの写真はOn The RoadのFacebookページにて随時更新している、このページにて最新記事も投稿しているので、イイね!を押してOn The Roadを応援して頂けると嬉しい。

また、これを機会にFeedlyにて定期購読を始めて頂ければと思う。Twitter(@mysitus)でも世界一周の模様をお届けしているのでフォローをよろしく!

最後に世界一周1周年記念を祝して、Amazonの欲しいものリストより何かプレゼントして頂ける方募集中!欲しいものリストより購入頂いたプレゼントは、ひーやんの自宅に届き帰国する来年に開封されるのだ。日本に帰国して優雅に生活を送るためにも、誰かお恵みを…。

それでは、世界一周2年目楽しんでくるなり!

 

追記:無事に世界一周から帰国しました!

本記事は世界一周1年目の記事でしたが、出発から413日目に日本へ帰国しました。無事に世界一周をして楽しくできたのも、応援して頂いた皆さんのおかげです。

世界一周から帰国した後の近況は下記記事にまとめていますので、参考に読んでみてくださいね!

世界一周後の自分から世界一周前の自分へ伝えたいこと
413日にも及ぶ世界一周が自分に何をもたらしたのか、子供の頃からの夢だった世界一周が自分に与えた影響など、帰国した心境を踏まえて本記事に書いていきます。
世界一周まとめ
2014年10月12日に子供の頃から夢だった世界一周に旅立ちました。社会人として2年半で貯金した200万円から20万円を準備費用として使ったので、残りの180万円で世界の行けるところまで行ってきます。世界一周のリアルタイム駅路や世界各国の記事をまとめていきますので、興味がある国など記事を読んでみてくだい。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

旅行好きな人必見!
お得に旅行ツアー・航空券・ホテルを予約するなら、ハピタスは必須!



関連記事

世界半周に半年間と80万円の費用を使いました!

ついに日本を出発して半年が経ち、アジア・中東・東欧などを周り世界半周をしました!この半年を写真を見て

記事を読む

ブログ村世界一周ブロガーへ宣戦布告!打倒一位への道!!

本記事にてブログ村世界一周ブロガーへ宣戦布告をする。On The Roadは本記事にて丁度200記事

記事を読む

世界一周すると59ナノ秒タイムスリップする!相対性理論を理解しよう!

アインシュタインの相対性理論をご存知だろうか。時間は相対的なもので絶対的なものではないとされた理論で

記事を読む

世界一周 動的平衡

世界一周すると動的平衡を感じることができる

世界一周を旅や人生などから考えるのではなく、生物学的な観点で捉えてみたい。動的平衡は生物学・物理学の

記事を読む

世界一周後の自分から世界一周前の自分へ伝えたいこと

2014年の10月12日に日本を出て、2015年の11月28日に世界一周を終えて無事に帰国しました。

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑