北アイルランドの首都ベルファストにあるタイタニック博物館!

北アイルランドの首都ベルファストにあるタイタニック博物館!

 

タイタニック号は誰もが知っている世界で一番有名な客船だろう。大ヒット作品である映画「タイタニック」では、実際に起きた英国客船タイタニック号の沈没事故の模様を映画にしていて、一度は見たことがあるのではないだろうか。

この英国客船タイタニック号は、北アイルランドの首都ベルファストで造船された。ちなみに、北アイルランドはイギリスを構成する一つの国である。

イギリスの正式名称は「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」なので、イングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの連合国で構成された国なのだ。

今回はタイタニックが実際に造船されたアイルランドの首都ベルファストへ行ってきた。タイタニック号が造船された跡地には、TITANIC BELFAST(タイタニック・ベルファスト)という博物館が建てられている。

このタイタニック・ベルファスト博物館には、タイタニック号に関する全てのものが詰まっている。本記事ではタイタニック・ベルファスト博物館を紹介するとともに、タイタニック号が沈没した経緯なども紹介していく。

 

なぜタイタニック号って沈没したの!?

1912年4月14日に沈没したタイタニック号、なぜ沈没することになったのか原因を探っていこう。1900年代前半は多くの移民が、欧州から米国へと仕事を求め新大陸に移動していた。

欧州から米国へ移動するには大西洋を船で渡らなければならない。その当時は大型旅客機がなかったので、船以外に選択肢がなかったのだ。競合する客船会社は、運賃や船の規模を競って熾烈な争いを繰り広げた。

そんな中で登場したのが、ホワイト・スター・ライン社が保有する世界最大の船、タイタニック号だ。タイタニック号は、北アイルランドのベルファストで造船された。全長269m、乗客1324人、乗務員899人も乗船できるとんでもない大型客船が出来上がったのだ。

タイタニック号の出航は、その世界一の客船という大きさから大きな注目を浴びた。1912年4月10日にイギリスのサザンプトンを出港して、 アメリカのニューヨークへ渡る予定だった。

しかし、1912年4月14日に北大西洋にある氷山に衝突して沈没してしまったのだ。1517人もの死者が出たので世界最大の沈没事故になってしまった。

氷山を知らせる警告が出ていたにも関わらず、怠慢で減速しなかったため、氷山に衝突して船腹が真っ二つに割れてしまったのだ。

Titanic_voyage_map

 
 

北アイルランドにあるタイタニック・ベルファスト博物館

タイタニック号沈没から100年ということで、北アイルランドの首都ベルファストにタイタニック・ベルファスト博物館が建てられた。この博物館にはタイタニック号の全てが詰まっている。

実際に使われた設計図や当時使われていたポスターなどの展示物、室内にあるジェットコースター、各言語による解説など、かなり充実した博物館になっている。特に船室を模した部屋は圧巻だった。

この博物館が建てられた場所はかつて、タイタニック号が造船された場所だ。追悼の意も込めて、タイタニック号の始まりの土地に建てられたのだ。

それでは、タイタニック・ベルファスト博物館の模様をお伝えしていこう。

 

博物館の前にあった、その当時の造船模様をかたどった展示物!

博物館の前にあった、その当時の造船模様をかたどった展示物!

 

博物館の前にあるタイタニック!

博物館の前にあるタイタニック!

 

こちらがタイタニック・ベルファスト博物館!

こちらがタイタニック・ベルファスト博物館!

 

こちらはタイタニック号の客室の様子!

こちらはタイタニック号の客室の様子!

 

なんとタイタニック・ベルファスト博物館には、内部にジェットコースターに乗りながらタイタニック号を学べるアトラクションがある!

なんとタイタニック・ベルファスト博物館には、内部にジェットコースターに乗りながらタイタニック号を学べるアトラクションがある!

 

この場所が実際にタイタニック号が造船された場所!

この場所が実際にタイタニック号が造船された場所!

 

タイタニック・ベルファスト博物館はかなりの充実度で大満足!

タイタニック・ベルファスト博物館はかなりの充実度で大満足!

 

いかがでしたでしょうか。北アイルランドの首都ベルファストは、このタイタニック博物館以外に観光名所がないので、是非訪れた際は行ってみてくださいね。

 

旧約聖書に登場するノアの箱舟の残骸はアルメニアにある!
ノアの箱舟という言葉は誰しも聞いたことがあるだろう。私も聞いたことはあったが、その内容については知らなかった。ましてやノアの箱舟の残骸がアルメニアに存在すると聞いて驚きを隠せなかった。なぜなら、ノアの箱舟は神話上のものだから実物なんて存在するはずがないと思っていたからだ。

 
 

その他のイギリスの記事!

ロンドンのおすすめ観光名所の全まとめ!
日本人の海外旅行先として人気の高いロンドン、おすすめの観光名所を全てまとめました。地球の歩き方に載っているものから、現地の人におすすめされた場所まで、数週間かけて色々と周ってきたので、ここに全てを集約しました。
ビートルズ誕生の地、リバプールのキャバーンで生演奏を聴こう!
ビートルズが有名になる前にライブをしていた「キャバーン(Cavern)」というライブハウスを本記事で紹介したい。このキャバーンは、世界一有名なライブハウスと言っても過言ではない。ビートルズはここで連日演奏して、技術を磨き有名になって、世界一有名なバンドに成り上がったのだ。
イギリスの産業革命はマンチェスターで起きた!その理由とは!?
実はイギリスで起きた産業革命は、あのサッカーで有名なマンチェスターで始まった。そこで今回は、歴史を遡りながら、なぜ産業革命が起きたのか、なぜマンチェスターで起きたのか、マンチェスターの様子と共にお届けしていきます。
イギリスの田舎を堪能するなら湖水地方へいこう!羊メーメー!
イギリスの田舎といえば、コツオゥルズやグラストンベリー、スコットランドの北のエリアが有名だ。そんな中でも私がイギリスの田舎で一番オススメしたい場所は、湖水地方(レイクサイド)だ。
ウェールズの首都カーディフには、国旗の赤いドラゴンがいっぱい!
ウェールズというと中々聞きられない都市の名前ですが、一つだけ誰もが知っているものがあります。それは、ウェールズの国旗に描かれた赤色のドラゴンです。
スコットランドの首都エディンバラ出身の豪華著名人たち!
スコットランドの首都エディンバラ出身の豪華著名人たちにフォーカスする。街中には彼らの銅像や、彼らが暮らした場所などが観光スポットになっているので、エディンバラに観光へ行く予定がある方は、事前に知識を入れておくと観光が充実すること間違いなしだ。

 
 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





多くの人が本当に出会っているアプリを無料で試してみよう!


関連記事

ウェールズの首都カーディフには、国旗の赤いドラゴンがいっぱい!

イギリスを構成する、北ア一ランド・スコットランド・イングランド・ウェールズの4つの構成国のうちウェー

記事を読む

イギリスの田舎を堪能するなら湖水地方へいこう!羊メーメー!

世界の70か国以上を周っている私だが、イギリスの田舎ほど心が休まるところはない。イギリスの田舎は山が

記事を読む

イギリスの産業革命はマンチェスターで起きた!その理由とは!?

実はイギリスで起きた産業革命は、あのサッカーで有名なマンチェスターで始まった。マンチェスターといえば

記事を読む

ロンドンのおすすめ観光名所の全まとめ!

日本人の海外旅行先として人気の高いロンドン、おすすめの観光名所を全てまとめました。地球の歩き方に載っ

記事を読む

スコットランドの首都エディンバラ出身の豪華著名人たち!

イギリスはイングランド、ウェールズ、スコットランド、北アイルランドの4つの連合国で構成されている。今

記事を読む

icon


友だち追加

     

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑