【甘い物は脳に悪い - 笠井奈津子】美味しいと感じる食べ物の栄養素とは

【甘い物は脳に悪い – 笠井奈津子】美味しいと感じる食べ物の栄養素とは

 

この著書を読むと食生活を改めようとする気概が生まれる。「美味しい物」と「体が欲している本質的に美味しい物」は別だと本書は説いている。結論からいうと、欠如している栄養素を体に取り込む事で旨味成分が脳に働きかけをするという。この二点の違いを明確に線引きしようと具体的な例を上げながら話が展開していく。

その中でも面白かったのは、一般的に言われている、甘い物を食べると集中力が上がる辛い物を食べると気分が高揚する、これは間違ってはいないのだが効力が長期的ではない点。

 

なぜ、甘い物を食べると集中力が上がるの?

受験時に甘い物を食べると集中力が上がると指摘されたことはないだろうか。実は、糖分を摂取する事で急激に血糖値が上がり、その結果として一時的に疲労が取れたり集中力が上がる。

問題なのが急激に上がった血糖値を体内で抑えようとすること。膵臓にあるランゲルハンス島から大量のインスリンが分泌され血糖値が抑えられる。血糖値が抑えられるといっても、糖分を摂取する前よりも下がるので疲労や集中力散漫が起きる。だから余計に気怠く感じてしまうのだ。

砂糖 糖分

 

なぜ、辛い物を食べると気分が高揚するの?

ポテトチップスや塩ラーメンなど辛い物に一度を手を出すと手が止まらなくなる事がよくある。これは塩分がもたらす交換神経への刺激によって一時的に気分が高揚するからだ。これはある種の脳内麻薬に匹敵すると作者は述べている。高揚したまま塩分を取りすぎると、高血圧や心臓病などを発病する恐れも出てくる。

塩分 ポテトチップス

 

栄養学の基礎知識を身につけよう

本書では栄養学に関する様々な成分のメリットやデメリットなどを説明している。人間は死ぬまで何かしらの栄養を取り続けなければ生きてはいけない。これから一生共にする食べ物、何万回と食べる食事、ある程度の基礎知識を身につけるにこしたことはない。

調べてみると簡単に栄養学や健康について学べるサイトがあった。なんとスマホから栄養に関する資格が取れるという。書籍ではなくこういった所から学び始めると、楽しく知識を習得できるかもしれない。

 







友だち追加

質問はLINEにて随時受け付けております!
また、友達になることでブログでは伝えられない情報や最新記事を受け取れます!





関連記事

フリークス 綾辻行人

【フリークス – 綾辻行人】精神病棟が舞台の畸形ミステリー短編集

 面妖な表紙の子に誘われて本書を手にした。綾辻行人氏にしては珍しい幻想的なホラーとミステリー

記事を読む

なめ猫

【ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体 – 原田曜平】マイルドヤンキーの実態について

ロスジェネ世代、ゆとり世代、さとり世代、、その時代の世代の呼称はユニークで、人は誰でもカテコ

記事を読む

イニシエーション・ラブ

【イニシエーション・ラブ – 乾くるみ】最後から二行目に隠される衝撃の真実

2004年4月1日発行にも関わらず、最近どこの書店に行っても「イニシエーション・ラブ」をよく

記事を読む

体内時計

【時間の分子生物学 – 粂和彦】体内時計(概日リズム)と睡眠時間の関係

この本は好奇心を満たしてくれた。誰にでも持っている体内時計と睡眠時間の関係を遺伝子レベルから

記事を読む

【脳内麻薬 – 中野信子】快楽物質ドーパミンをコントロールしよう

快楽物質のドーパミン。これは50種類ある神経伝達物質の中で、快感を増幅するするための物質であ

記事を読む

icon


友だち追加

   

会社を退職して1年かけて世界一周をしてきた「ひーやん」のブログなり!

icon

ひーやんのお友達のシビル、シビちゃんと呼んでね!旅行記事に登場するなり!

  • 誰かお恵みをおおおおおおおおぉぉぉ!
    Amazonこじきリスト!
PAGE TOP ↑